知っておきたいカードローンって融資審査にどのくらい影響するの?

不動産投資の物件を取得する際、多くの方はローンを組みます。このローンを組む時に、カードローンを保有していたら、どのような影響があるのでしょうか。
保有していても利用実績がなく、利用していたとしても返済の遅延はなく、あるいは返済自体が終了していて残高がなければ、新たなローンに影響はないだろう。そう考えている人も多いかもしれません。
そこで今回は、カードローンの保有が新規のローン審査で、どのように扱われるのかを確認していきましょう。

カードローンの作成と限度額および極度額

カードローンには利用できる枠というものがあります。具体的には、「限度額」と「極度額」です。
限度額は、借入限度額または利用限度額と呼ばれるもので、現在の状況で借入れできる最高限度額のことです。これに対して、極度額は、借入極度額または契約極度額と呼ばれるもので、契約上の利用上限額のことをいいます。
仮に「限度額30万円、極度額100万円」といった場合、この意味は「100万円までは金融機関としては貸すことが可能だが、現在利用できる金額は30万円まで」ということです。
極度額をわざわざ金融機関が設定するのは、より多くのお金を貸して多くの利息収入を得るという狙いがあるからです。
しかし、返済実績がない段階で極度額までお金を貸してしまうと、金融機関は回収できなくなるリスクを抱えることになります。したがって、極度額よりも小さい限度額を設定し、その返済実績を見て、徐々に枠を増やす方法を取るのです。
また、カードローンの極度額には「総量規制」があります。これは多重債務を防ぐ目的で導入され、借入れできる限度額が、年収の3分の1までに制限されています。簡単に言うと、年収300万円の人が借りられるのは100万円までということです。利用者が複数のカードローン会社でカードを作り、できる限り多くの借り入れをしようとしても、それは不可能です。なぜなら、カードローン会社は個人信用情報機関を通して、他社の利用状況を確認した上で融資審査を行うからです。
そして、不動産投資のための融資を行う金融機関は、カードローンの利用実績がない場合でも、この極度額の枠を利用したものとして融資審査を行います。つまりカードローンを作成した場合は、利用実績が無かったとしても不動産投資の融資審査には影響があると判断するべきです。

個人信用情報の共有

個人信用情報機関には、JICC(株式会社日本信用情報機構)、CIC(株式会社シー・アイ・シー)、KSC(全国銀行個人情報信用センター)の3つがあります。消費者金融、クレジット会社、銀行はこの3つの機関のいずれかの会員になっていて、債務者個人の住所や電話番号、借入残高などの情報が随時、更新されています。この3つの機関は相互に、延滞者や返済不能になっている人たちの情報を共有して、多重債務者を出さないようにしています。
そのため、特に借入件数が多く4件以上にも及ぶような場合は、新たな借入れが難しいと考えて良いでしょう。カードを複数枚所有している場合も同様です。

カードローンの解約

それでは、カードローンを保有していて、かつ不動産投資の融資を有利に進めるためにはどうすれば良いのでしょうか。
それには、カードローンの極度額を無くすようにしなければなりません。まず、カードローンを利用していて、まだローンが残っている場合は、返済して残高をゼロにしましょう。
もし過去にカードローンを作成して利用していない場合でも、前述の通り極度額の枠がある場合、そのままの状態では極度額までの借入がいつでもできる状態にあると金融機関は判断します。そのため、返済能力があると金融機関に判断してもらうために、カードローンを解約することをお勧めします。

まとめ

不動産投資を行う際に、融資をする金融機関は「返済能力があるかどうか」を重視します。この審査基準は、通常の住宅ローンと同じです。
カードを所有しているということはいつでも借金ができるという状態であり、返済能力の判断の際にマイナス材料となります。カードローンを利用していない場合は、即座に解約をしましょう。お買い得物件をタイミング良く取得できるようになるために、融資審査が軽々とクリアできるような準備をしておくことをお勧めします。