不動産テックが熱い! ITを活用した新しい不動産サービスを紹介!

近年話題となった、金融業界における各種ITサービス「FinTech(フィンテック)=金融(Finance)と技術(Technology)を組合せた造語」に続き、不動産業とIT技術を融合した「不動産テック」のサービスが続々と登場しています。
これまで不動産業界は他業界に比べて、情報のデジタル化が遅れている傾向にありましたが、ここ数年で、急速に不動産テックのサービスを提供する企業が増えてきました。従来の慣習を打ち破る新しい不動産テックのサービスには、どのようなものがあるのでしょうか。

不動産投資や物件売買などの分野で「不動産×テクノロジー」のサービスが開発

これまで不動産業界では、いわゆる「情報の非対称性」が存在していました。不動産会社側が保有する情報と比較すると、消費者側に公開されている情報が非常に少なく限定的であったため、様々なトラブルの原因にもなっていました。
この情報格差をなくし、消費者のニーズに合ったサービスを提供するため、ベンチャー企業などを中心に、「不動産×テクノロジー」のサービスが開発されています。不動産投資や賃貸物件、物件の売買など、さまざまなジャンルでITサービスが利用できるようになっています。
● TATERU(アパート経営アプリ)
株式会社インベスターズクラウドが2015年9月にスタートさせた日本最大級のアパート経営プラットフォームです。スマートフォンアプリなどを利用してアパート経営を行えるのが最大の特長です。
全国13都市から土地を選ぶことができ、業者の仕入れルートから直接土地を仕入れることが可能なため、コストを削減したアパート経営が可能です。
また、専用チャットから常時コンシェルジュにアパート経営に関する相談ができ管理代行も行ってくれるため、スマートフォンさえあれば、いつでもどこでもアパート経営を行えるというこれまでになかった画期的なサービスです。
他にも、売り主は仲介手数料やサイトへの物件情報掲載料が無料、かつ買い主はかかった分の金額のみを支払うという仕組みのサイトもあります。
買い主の希望購入価格などが開示され、売り主は、自分が売りたいと思った相手に、物件を売却することが可能になりました。
また、売り主は自分が所有するマンションの推定成約価格を知ることができるサービスもあります。買い主側は、気になる物件があった場合に売り主側に連絡をとり、物件について直接質問をすることが可能です。買い主は契約が成立した際に手数料を支払う仕組みです。
さらに、サイト利用料や物件見学料などは、購入したポイントで支払うというポイントを採用したシステムもあります。
他社サイトで見つけた部屋の空室情報を調べてもらうことも可能で、借り主の負担となる仲介手数料を削減でき気になる物件に空きがあれば、スタッフと現地集合して物件を見ることができるなど忙しい人や地方に住んでいる人でも気軽にお部屋探しを行えます。

不動産テックの登場により、不動産投資を始めるハードルが以前より低くなってきている

不動産テックの登場により、不動産投資を始めるハードルが以前より低くなってきている
ここにご紹介した不動産テックのほとんどは、利用時に面倒な手続きなどが必要なく、パソコンやスマートフォン、アプリなどから場所や時間を問わず簡単に不動産取引を行うことができます。
また、IT技術を駆使しクラウド化することで人件費などを削減し、不動産を売却時や賃貸物件を探す時の仲介手数料を無料にするなど、不動産テックはこれまでになかったメリットを消費者にもたらしています。
少額で不動産投資が行えるサービスなども登場しており、初心者や不動産投資になじみのなかった若者などが、以前よりも気軽にチャレンジできる状況になってきています。
これらのサービスはまだ全国的に浸透しているわけではありませんが、不動産投資を始めるにあたってのハードルは以前よりも確実に低くなってきていると言えるでしょう。