不動産投資を始めるならココ! 今注目の不動産エリア

不動産投資において、エリア選択はとても重要です。「親から引き継いだ土地がある」などの事情で投資先が決まっていれば迷いはないかもしれませんが、そういった人ばかりではないでしょう。そこで、「エリアが多くて絞れない!」という方へ、首都圏内で今注目の不動産エリア3カ所をご紹介します。

1. DINKS・ファミリー向けの「豊洲・東雲」

お台場、東京ディズニーランド、ららぽーと豊洲などのレジャースポットに囲まれている一方、もんじゃ焼きで有名な月島や、門前仲町といった下町情緒も併せ持つ豊洲・東雲エリア。近年は大型商業施設が相次いでオープンし、タワーマンションも増加しています。さらに現在は、東京オリンピックに向けて街全体が活性化しています。
分譲マンションはファミリー向けが多く、間取りは2LDK~3LDKがメインです。湾岸エリア特有のゆったりとした街並みで、空が広く感じます。そのため、タワーマンションの展望の良さも大きな魅力になっています。値段は決して安くないですが、DINKS・ファミリー向けなので、1度入居したら長期的に住んでくれる可能性が高いでしょう。

●交通手段は豊洲駅と東雲駅を使い分けて

鉄道路線は2つ、最寄駅も2つです。豊洲駅は東京メトロ有楽町線、東雲駅はりんかい線です。東京、大手町まで20分以内、渋谷や新宿は30分で行ける好立地です。しかし、JR山手線西側エリアの駅に行く場合は乗り換えが必要になります。都内の乗り換えでは、下手をすると「1駅分歩いているのでは?」というぐらいに駅が離れていることがあります。日常的に山手線西側エリアに行く人には、少々向いていないかもしれません。

2. リッチな単身者向け「恵比寿」

2. リッチな単身者向け「恵比寿」
恵比寿といえば、恵比寿ガーデンプレイスに代表されるハイセンスで高級感あふれる街。美味しいお店や有名レストランのほか、東京都写真美術館といったカルチャースポットもあります。
利便性もトップクラス。代官山や中目黒、渋谷が近い上に、都内にある多くの主要駅まで電車1本で行けます。また、JRでは湘南新宿ラインが乗り入れているため、埼玉・神奈川方面にお出かけする際にも便利です。

●お値段はかなり高め

分譲マンションは億を超える物件も複数存在しますが、高額物件はどれもゴージャス、かつスマート。間取りのバリエーションは豊かで、ニーズや好みに合った満足度の高い部屋を見つけることができそうです。「駅から歩く」「1DK」……と条件を下げて探しても、やはり「いいお値段」になります。
気を付けなければならないのが、生活費の増加です。恵比寿は高級な飲食店など娯楽スポットが多く、飲食費は確実にアップするでしょう。また、駐車場料金も注意しなければなりません。やはり物価が高いという印象があります。

3 学生向けなら「北千住」

最後に北千住を紹介します。路線はJR常磐線、東武伊勢崎線、東京メトロ千代田線・日比谷線、つくばエクスプレスと5路線が乗り入れ、どこに行くにも便利です。駅に直結した商業施設に加え、駅前には商店街があり、食料品や普段着など生活必需品を買うには困らないでしょう。また周辺には大学が5つもあり、駅前は若い人が多いです。
ちなみに、東武伊勢崎線は路線のうち一定区間の愛称を「東武スカイツリーライン」としています。スカイツリーが北千住にあるわけではないですが、沿線全体が活気を帯びているといって良いでしょう。

●学生がメインターゲット

価格はお手頃で、賃貸は1Kで7万円程度、新しくて駅近の物件でも9万円台です。2LDKの場合は10万円をちょっと超えます。新築マンションは少なく、多くが中古物件です。
どちらかというと、学生の街という印象です。夫婦向け物件も多いですが、夫婦の場合は北千住で賃貸物件に住み、子どもができたら伊勢崎線を少し下った西新井や、場合によっては埼玉で一戸建てを購入するようなケースが多いようです。
不動産関係者の間では、交通利便性が高い割に不動産価格が安い「穴場のエリア」として、しばしば北千住の名前はあがります。近年は駅近くの商用施設が充実し、大学の誘致により、学生が格段に増え、賃貸需要も増しています。今後は注目するべき不動産投資エリアと言えるでしょう。

まとめ

DINKS・ファミリー向け、リッチな単身者向け、学生向けと「誰をターゲットにするか」という視点で、今注目の不動産エリアをご紹介しました。いずれも、エリア独自の特徴、魅力がある好立地です。興味のあるエリアがあったらぜひ足を運んでみてください。