株をやっていた人が不動産投資に向いている3つの理由

投資には、株やFX、投資信託やETF(上場投資信託)など色々な種類があります。その中でも、株式投資と不動産投資は似ているところがあり、株式投資の経験がある人は不動産投資にも向いているのではないでしょうか。
そこで今回は、株式投資をしている人が不動産投資に向いている理由を3つのポイントから説明します。

不動産投資は「ポジショントレード」に近い

まず、株式投資には大きく分けて、
「ポジショントレード」
「スイングトレード」
「デイトレード」

という3つの投資方法があります。
不動産投資に向いているのは、ポジンショントレードに代表されるような比較的長いスパンでトレードを行う人です。
ちなみに、スイングトレードやデイトレードは、より短期間で利益をあげる必要があるため、ボラティリティ(株価がどの程度上下するかの幅)を重視する傾向があり、ポジショントレードとは根本的に投資に対する考え方が異なります。
ポジショントレードでは、半年から1年、長い人は数年から十数年、株を保有することもあります。その時に大事なのは2つあります。
一つは「この企業は今後、将来的に業績を上げ続けられるか」という企業のポテンシャルを見極められるかということ、もう一つは「損切りポイント」を明確に持てるかということです。ここに、不動産投資と通じるモノがあります。
損切りに関しては、投資スパンが長いので「ここだ」というポイントが訪れても、つい「1ヵ月だけ様子を見よう」という選択を取りがちですが、そこを「ビシッ」と損切りできる人が、不動産投資にも向いています。

1. 投資対象選びのポイントが似ている

不動産投資で大事なのは、「物件選び」です。そしてこの物件選びは、株式投資の「銘柄選び」に通じるものが多くあります。例えば、以下のようなポイントです。

● 競合との強み

物件選び : 周辺の競合物件の中で差別化できるポイントはどこか
銘柄選び : 他企業と比べて差別化できる事業的な強みは何か

● リスク

物件選び : 現在満室であれば、どのような賃借人がいて、空室リスクはどの程度あるのか
銘柄選び : 企業はどのような社風で、退職リスクや社風が変わってしまうようなリスクはあるか

● 将来性

物件選び : 立地的に賃借人が途切れないような、将来的にも期待できる立地にあるか
銘柄選び : 会社のブランドや商品やサービスの方向性が、今後の成長分野であるか
このように、物件を選ぶ視点と、株の銘柄を選ぶ視点は共通点が多く、株式投資の経験者が不動産投資にも向いている(成功しやすい)といわれるのはそのためです。

2. リスク排除の考え方が同じ

不動産投資の所有物件に退去者が出てしまい、再度賃貸の募集をしたとします。ところが、2週間経っても、1ヵ月経っても入居者が現れない場合はどうしたらいいのでしょうか。
そんな時、「賃料を下げる」「サブリース契約(※)をする」といった「空室リスク排除」の判断は、なかなか難しいものです。
しかし、株取引の経験がある人なら、その的確な判断がしやすいと考えられます。なぜなら、不動産投資における空室リスクの排除は、株式投資における「損切り(売却)」の考え方と似ているからです。
通常、株取引の損切りでは、「株価が○%下落したら損切りをする」というルールを明確に決め、それを忠実に守ります。またそのルールは、最終的な利益の予想値から逆算して決めることが多いのです。
これを実践できる人は不動産投資においても、「経費が〇万円なので、〇万円賃料を下げても、収益は〇万円確保できる…」といった、コストから逆算して収支を計算する癖が付いています。そのため、上記のようなリスク排除の判断を的確に行えるというわけです。
※サブリース契約とは、管理会社に一定の手数料を支払って、空室時も賃料の保証をしてもらう契約形態です。

3. 「将来性」を見る知見と努力を求められる

上述したように、株式投資と不動産投資は、成功するための重要なポイントが似ています。特に大切なのは、不動産投資でも株式投資でも、投資対象の「今」だけでなく「将来性」を見極める必要がある点です。
例えば、不動産投資でいうと、今は人気があり空室リスクも家賃下落リスクも小さいスポットでも、将来的にどうなるかは分かりません。その人気を支えているのが、大型商業施設であったり近所にある大学だったりした場合には、その施設が移設してしまえばリスクは一気に増します。
株式も同様で、今業績が好調でも将来的に為替リスクや地政学的リスク、斜陽産業ならば業界衰退のリスクなどの、さまざまなリスク要因が絡み合って将来の業績を生み出します。
これらの事態について投資家は、色々な知識に基づき「予測」を立てるしかありません。そのための情報収集や、過去の事例、傾向分析など、知見を深める作業に対して惜しみなく努力できるほど、この予測の精度は高くなります。
したがって、株式投資においてこうした勉強や努力をしてきた人は、不動産投資でも、同様に知識・経験を積める素養がある可能性が高いです。これも、不動産投資で成功するために大切なポイントです。

まとめ

株式投資をしていた方が不動産投資に向いているという、3つの理由について説明しました。
「投資対象」、「リスク排除」、「将来性」、これらはいずれも、不動産投資を成功させるために非常に重要なファクターです。株式投資の経験者は、培った知識経験を生かして、ぜひ不動産投資にもチャレンジしてみてください。