スキマ時間に不動産投資! アプリで行う簡単不動産投資

近年は、不祥事や経営不振などで大企業が倒産の危機に瀕することも珍しくなくなりました。「会社に勤めてさえいれば、給料も上がり続けて安泰だ」という時代は遠い昔のことです。サラリーマンでも、夜間や休日にインターネットで副業をするなど、「給与以外の収入源が必要だ」と考える人も増えてきています。
その中でも不動産投資は、きちんとした準備や情報収集をしたうえで取り組めば安定収入を長期間にわたって得やすいのですが、その一方で「難しそう」「失敗しそう」といった印象を持つ人も少なくありません。
そんな人のために今回は、アパート経営プラットフォーム「TATERU」を例に、アプリで行う不動産投資について考えてみましょう。

不動産投資を始められない理由とは

多くの人が、不動産投資のハードルが高いと感じる大きな理由の一つに、「不動産経営に関する知識がない」ということが挙げられます。
家族や親族など身近な人間で不動産投資に成功している人がいれば、詳しく話も聞けるでしょう。しかし、日常生活の中で不動産投資に詳しい人や、実際に収益を挙げているという人に出会う機会は、そう多くありません。
たしかに、会社勤めをしながら「サラリーマン大家」として不動産投資に成功した人の本や、『会社で働きながら不動産投資ができる』という触れ込みのセミナーもあります。
しかし、興味を持っていても実際には踏み切れないという人が大半ではないでしょうか。また、他人の成功事例を真似したからといって、必ずしも成功するわけではありません。
同じ投資でも、例えば株式投資の場合は、数百~数千円程度の株を買うことで初心者は経験を積み、本などを読みながら、少しずつ株取引の手法を覚えていくことも可能です。
しかし、不動産投資の場合は金額も大きいので、「とりあえず物件を買ってみて、やりながら知識を身に付ければいい」という方法が取りにくいのです。
また、実際に不動産投資を始めてみると、最初は順調でも、途中で分からないことがあれこれと出てきます。そんな時に安心して相談できるパートナーがいなければ、長く運営を行うことは難しいでしょう。そもそもアパート経営にあまり時間を取られて、本業がおろそかになってしまっては、元も子もありません。

アパート経営プラットフォーム「TATERU」の魅力

そこでご紹介するのが、インベスターズクラウド社が提供している日本最大級のアパート経営プラットフォーム「TATERU」です。土地の紹介から、デザインアパートの提案、建築、賃貸管理まで、アパート経営のすべてをワンストップで提供しています。
不動産投資で安定的な収益を得るためには立地条件が大変に重要です。TATERUでは、全国13都市(東京・千葉・埼玉・神奈川・愛知・大阪・京都・兵庫・福岡・熊本・宮崎・仙台)で、駅から徒歩15分以内の土地を紹介しています。これにより、「立地が悪く、入居者が入らない」というリスクを軽減できます。
また、従来のアパート経営では、土地を転売するデベロッパーへの費用など、オーナーが負担しなければならないコストが大きくなりがちでした。しかも、アパートは完成在庫からしか選べず、デザインを決めるのも難しいケースがほとんどです。
しかし、TATERUは、デベロッパーを通さずに土地を仕入れる独自のルートを持っており、オーナーが負担するコストの削減が可能です。また、建物デザインはオーナーと相談したうえで決定するので、自分が納得できるアパートを建てることができるのです。

多機能アプリが不動産経営の不安をサポート

TATERUが優れている点は、前述した「不動産経営に関する知識がない」というユーザーの不安を、アプリが備えているさまざまな機能で解決していることです。
TATERUでは、スマートフォンアプリのチャット機能などを使うと、「専任コンシェルジュ」にアパート経営に関する質問や相談をすることができます。わざわざ赴いて対面で話を聞く必要もなく、忙しい方でもチャットで気軽に相談できるのです。
また、「専任コンシェルジュ」はユーザーが自分自身で選べる仕組みになっており、担当者を選べない従来の不動産会社と比較すると、信頼関係は築きやすいのではないでしょうか。
アパート経営を開始した後も、分からないことが出てきた時には、専任コンシェルジュが相談に乗ってくれるので、「一人ですべてを解決しなければ」と思い悩む必要はありません。
コンシェルジュの詳しい経歴やプロフィール、顔写真などもサイト上に掲載されていて、自分が良いと思ったコンシェルジュにサポートを依頼できることもメリットです。
アパート建築や管理をワンストップで行っていることもTATERUの強みですが、その管理状況などはスマホアプリから確認が可能です。
仕事の合間や外出時などのスキマ時間を利用して物件をチェックできるので、本業に支障をきたさずにオーナーは不動産経営が行えます

アプリを活用した不動産投資

さて今回は、スマートフォンアプリで行う不動産投資について紹介しました。
不動産投資は、いくらコストを掛けても、物件の選び方や運営方法などを間違えると、失敗のリスクから逃れることはできません。投資用物件は決して安い買い物ではありませんし、入居者が入らないからといってすぐに売却できるものでもありません。
だからこそTATERUは、専任コンシェルジュを用意し、スマホアプリを開発することで「手軽に相談できる存在」を実現したのです。
分からないことがあったら、いつでも答えてくれるコンシェルジュがいれば、空き時間を使った効率的で安心なアパート経営は可能です。「不動産投資はハードルが高い」「アパート経営をやってみたいけれど、面倒なことはイヤ」という人は、ぜひ一度、アプリを使った不動産投資について検討してみてください。