フリーランスの方がメリット? 不動産投資で行う資産形成のススメ

フリーランスとして仕事をしている方は、働く時間や働く場所を自分で選べるというメリットがあります。毎日、通勤時間に時間を費やすこともなく、理想のオフィス環境を築いて自分の裁量で働くというスタイルに憧れを持つ人もいるでしょう。
しかしその一方で、固定収入がなく仕事を得るために常に営業活動をしなくてはいけなかったり、社会的な信用を得るまで時間がかかったりするなどのデメリットもあります。実は、こうしたデメリットを解消できるのが不動産投資なのです。
そこで今回は、不動産投資を、特にフリーランスの人におすすめしたい理由について説明します。

なぜフリーランスの人間が不動産投資に向いているのか

不動産投資というと、まったく手をかけずに収入が得られる「不労所得」の代名詞のように考えている方もいらっしゃると思います。手がかからないから、物件を持ってさえいれば定期的な収入が得られる副業になるといった印象もあるでしょう。しかし実際は、意外と不動産投資は手間がかかるものなのです。
まず、物件探しで不動産屋を何件もまわる必要があります。利回りの高い物件にするためにリフォームを行う場合は、業者との打ち合わせも必須です。購入費用やリフォーム費用を抑えたいのであれば、裁判所に行って競売物件に入札したり、業者に依頼せず、自分でリフォームを行ったりするということも考えなければなりません。
物件を手に入れた後も、入居者を集めるためには不動産屋と連絡を密に取り合わなければなりませんし、アパート経営を始めてからは居住者からのクレーム対応や物件管理、確定申告など、やることは山ほどあります。
上記の多くは管理会社に委託することで手間を軽減できますが、すべてを「管理会社任せ」することはできません。特に物件探しでは、納得のいく物件を見つけるまでにある程度時間が必要です。
そして、気に入った物件が見つかったら、すぐ購入に動かないといけません。なぜなら、いい物件は必然的に条件のいい、人気のある物件であることが多く、先に他人に買われてしまう可能性があるからです。
そう考えると、自分で仕事をコントロールすることができるフリーランスの方は、勤務時間が決められていて、なかなか日中は自由に時間が使えないサラリーマンよりも、不動産投資に向いているのではないでしょうか。

安定収入があれば、本業に集中できる

フリーランスで働く多くの方の悩みは、収入が安定しないことでしょう。安定収入があれば、大きな助けになるのは間違いありません。毎月決まった最低限の収入があるのとないのでは、仕事や生活のしやすさがまったく違ってきます。そうすれば、自分自身のスキルアップのための時間も確保できます。この定収入を得る手段として、最適なのが不動産投資なのです。
投資といえば株やFXもありますがこれらはリスクが大きく、確実に利益を得るためには知識や経験、勘が必要です。デイトレードなどでは相場が動いている時間中、ずっと張りつていなければなりません。これでは本業に支障も出ますし、時には大きな損益を出す可能性もあります。
これらと比較すれば不動産投資はやるべき手間は多いですが、一度顧客が入ってしまえば管理を不動産会社に任せられますし、短期間で莫大な収益を上げることはないものの、いい物件を選べば、収益の安定性は非常に高いです。不動産投資はフリーランスの方の本業に役立つ、最適な副業なのかもしれません。

不動産投資でスキルアップの道も

さらに、不動産投資を行うことで新たな知識を身につけることができます。不動産投資で安定して利益を獲得し続けるためには、経験が重要なキーワードとなります。エリアの選び方、居住者層に合わせた建物のチョイス、リフォームの仕方や不動産屋との付き合い方など、経験を積むことができます。
また、自分の得意分野に限らず幅広いスキルを身に付けることできるでしょう。
人間の営みに深く関わる不動産業は、何千年も前からある仕事です。今後も不動産の需要がなくなることはないでしょう。ですから、不動産に精通しておくことは、収入を得る手段を増やすために大変有効です。
勉強をする時間も確保しやすいフリーランスの強みを活かして自分の関心と知識を広げ、是非不動産投資で安定と自由が両立した生活を実現させてみてください。