銀行 vs ノンバンク vs 信用金庫 - メリット・デメリットを理解しよう

不動産投資家にとって、融資先の選択はとても重要です。融資先は銀行・ノンバンク・信用金庫などがあり、借り入れ条件や返済計画など、それぞれ特性が異なります。どんな時に、どんな選択をするのが最善なのでしょうか。それぞれの特徴や強みを見てみましょう。

三者の成り立ちは

組織としては、銀行とノンバンクは同じ株式会社ですが、信用金庫は協同組織です。
株式会社の目的は利益を出すことである一方、協同組織は利用者・会員の相互扶助を目的としています。信用金庫は、会員の出資による非営利法人なのです。
また、信用金庫は地域に根差しており、営業区域も一定の範囲内に限定されます。地域の居住者や地域を拠点とする事業者を対象として営業します。
なおこの三者とは別に、政府系金融機関(日本郵政金融公庫や商工中金など)というものも存在しますが、政府が100%出資し公的な側面も強いので本稿では深く触れません。

銀行の融資

銀行は株式会社ですが、銀行法に基づくほか金融庁の監督下にあるため、自己資本比率や強制指導などの制約があります。私たちの預金を預かるという重要な役割を担っている以上、ある程度の束縛は仕方がないことでしょう。
逆に、法律による規制や金融庁の指導があるからこそ、安心して大切なお金を預けられるといえます。
銀行は資金力があり、大きな金額を比較的低金利で貸出してくれますが、その分審査が厳しいです。当然、審査にかける日数も多くなります。
また、審査の際は一般的に「返済の確実性」を重視します。個人ならば毎月給与収入がある会社員の評価は高く、法人や個人事業主であれば事業内容が優良であることが重要視されます。
審査基準は公表されていません。その多くは形式的とされています。「赤字だが、融資してくれれば挽回できる」「今は派遣社員だが、頑張って正社員になります」といった、イレギュラーな材料は評価されにくく、返済が滞った時の対応も厳しいです。

【銀行の特徴】

● 金利は低めだが、審査基準は厳しい
● 審査は形式的で時間がかかる。通常イレギュラーな評価はしない
● 会社員や実績のある人(法人)は融資が通りやすい

これらから判断すると、会社員が副業で不動産投資を始める場合や、融資を急いでいないというケースに向いています。また、住宅ローンをきちんと返済し続けているといった信用実績も有利な材料で、既に住宅ローンを組んでいる場合は、同じ銀行に申し込むと審査が通りやすいかもしれません。

ノンバンクの融資

ノンバンク系には消費者金融やクレジットカード会社、不動産投資を専門に扱う会社などがあります。銀行と同じく株式会社ですが、銀行とは異なり貸金業法によって規制されています。
ノンバンクの特徴は、金利は高めですが、審査スピードが速いということです。審査は最短即日もありますが、3~5日程度の会社が多いです。また、銀行のようなテンプレート型ではなく、「物件評価額」「保証人の有無」「本人の資産状況」など、さまざまな要素を加味する方法が一般的です。
とはいえ、会社ごとに審査基準はまちまちですので、審査が甘いと判断するのは危険です。銀行よりも審査基準に幅があると捉えるのが良いでしょう。
年収が不安定な個人事業主の場合、家計簿や通帳を確認し支出管理能力やお金の使い方をチェックするという金融機関も存在するようです。

【ノンバンクの特徴】

● 審査時間が早く、即日融資を実行する会社もある
● 審査基準は幅があり柔軟に対応。ただし、基準が緩いとは限らない
● 金利は高めで、事務手数料や繰り上げ返済手数料にも注意

ノンバンクは、運転資金やつなぎ融資など、急を要する資金需要の借入先として向いていると思います。また、直近の決算が赤字であるなど、銀行の審査では借入が難しいケースで利用すると良さそうです。他の好材料を積み上げし、複数の金融機関に申し込むなどしましょう。
また、いくら審査が通っても、返済ができなくては状況が悪化します。金利によっては借入金額を減らして、返済額を調整することをお勧めします。また、各種手数料や返済期間も会社ごとに異なるため、投資計画をしっかり立てて融資を受けましょう。

信用金庫の特徴

信用金庫は一定の区域内で活動し、経営規模は銀行ほど大きくありません。そのため大規模な融資を行うことは少ないですが、金利水準はノンバンクより低いとされます。また、地域住民や地元の中小企業・個人事業主を対象としているため、審査や返済方法などは銀行より柔軟に対応してくれるようです。
審査基準がどこまで緩くなるかは未知数ですが、創業支援ローン、商店街店舗専用ローン、商工会議所会員向けローンなど、信用金庫ごとにさまざまなメニューがあります。まずはご自身の地域の信用金庫について情報を収集してみましょう。
なお、投資物件の場所によっては対応してもらえないことがあります。事前に投資物件の取り扱い範囲も確認しておきましょう。

【信用金庫の特徴】

● 金利は低めだが、メガバンクと比較するとやや高いことも
● 審査の柔軟性は銀行よりも高い
● 融資額が少額の融資も多い

過去の付き合いや地元との密着度などが考慮されることもあり、金利や融資面でメリットは多いですが、融資上限が300万円などという金庫も多く、希望の額に達しない可能性もあります。
しかし、小口融資が多いということは、小さな会社や個人事業主などに丁寧に対応してくれるということでもあります。小口の不動産投資から始めたい方や、個人事業主として小さく投資している方に向いているのではないでしょうか。

三者のメリット・デメリット

三者の特徴をそれぞれ見てきましたが、各項目の評価をまとめると、以下のようになります。

銀行
ノンバンク
信用金庫
金利水準
審査スピード
審査基準
返済時の対応

(◎=とても良い  〇=良い  △=やや難あり )
大事なことは、自身の融資に関わる項目での評価が高いかどうかです。それぞれの長所と短所をよく理解し、間違いのない借入先を選択してください。