中古マンションをより高く売りたい! 押さえるべき3つのポイントは

中古マンションは、「売りに出して3ヵ月以内に買い手がつかなければ、売れない理由がある」と言われます。とはいえ、一般的に急いで売ろうとすると足元を見られてしまい、後悔することになりかねません。
そこで今回は中古マンションを高く売るための3つのポイントについて見ていきましょう。

1. 物件の特色と相場感を把握して価格を決定

あなたがそのマンションを買った時、立地や価格、間取りなど、多くの選択肢の中から優先順位をつけて、比較したはずです。これが売却の時にもそのまま当てはまります。
不動産業者任せにしないで、売りたいマンションの特色を把握し、相場感をつかむことから始めてください。それにはマンションの価格がどうやって決まるのか、同じ中古マンションでも、価格差があるのはなぜなのかを知ることが大切です。
中古マンションの売り出し価格は、売主に仲介を依頼された不動産会社が物件の査定を行い、その査定金額をもとに決定します。不動産会社は、最初にマンションの過去の売買成約事例を参考に物件の評価を行った上で、周辺の似たような物件価格も考慮に入れて、マンションの坪単価などを割り出します。
さらにマンションの階数や眺望、日当たりといった建物自体の評価や専有部分の間取り、室内の状況などを考慮に入れ、その結果を反映させて査定金額を出します。これをもとに売主と相談し、売り出し価格を決めます。
そして、中古マンションの価格を左右する重要な項目が「立地」「駅からの距離」「階数」「部屋の向き」「室内の状況」「分譲会社、建設会社のブランド力」などです。こうした項目が、同じエリアでもマンションの価格差を生み出すのです。
できれば、インターネットの一括査定も検討しましょう。売却物件の所在地、専有面積、売却理由などをネットで記入すれば、数日後に複数の仲介会社から査定が送られてきます。また、国土交通省の土地総合情報システムでは、不動産の取引価格、地価公示、都道府県地価調査の価格を検索して見ることができます。

2. マンションを売る「時期」も大切

マンションを売るには、その時期も関係してきます。
不動産市場の動きが活発になるのは、進学、転勤、転職のタイミングで、物件を探す人が多い春(主に3月)と言われます。さらに秋(主に9月)も、転勤などのニーズが多くあります。
特に春シーズンは銀行の決算時期で、不動産ローンや住宅ローンの審査が比較的通りやすい時期と言われてます。「売りに出したらすぐに決まった」などの事例も少なくないようです。
もちろんこうした売却シーズンを外れていても、仲介業者は「大丈夫」と言うことでしょう。しかし、売り急いでいないのであれば、「次のシーズンまで待つ」というのも、一つの選択肢かもしれません。

3. 購入希望者を迎える準備を万全に

売り出しが決まり、購入希望者を迎えることになった時は、売主としての準備が必要です。
物件の印象は、玄関に入った瞬間に決まることがあります。第一印象が悪いと、マイナスのイメージがついて回るかもしれません。玄関にちょっとした花を飾るなどの工夫があるといいでしょう。ただし、「やりすぎ」に注意してください。過剰だと逆効果になる場合があります。
また、部屋の印象を高めるコツもあります。キッチンや浴室などの水回りは事前に清掃し、水垢などが目立たないようにしましょう。レンジフードなどの油汚れは、費用が掛かっても専門業者に依頼して落とし、磨いておくことも重要です。
見落としがちなのが、収納スペースです。スペースの確認のために押し入れやクローゼットの中まで見たいという人がいますので、整理整頓しておきましょう。
また、リビングルームには余計なモノを置かないようにしましょう。購入希望者は、自分が持っている家具をどう配置するかも考えます。売主の家具などが目立ち生活感があると、購入意欲が薄れてしまいます。
売主自身の心構えとしては、普段通りの対応で十分です。むしろ、アピールをし過ると警戒されますので、聞かれたことに要領よく答えることを心がけてください。居住者にしか分からない、地域の特色やコミュニティについては、事前に準備しておくことをお勧めします。
中古マンションの売却を考える時に大切な3つのポイントを説明しました。
「中古マンションは、初めに来た購入希望者との成約率が高い」という声もあります。逆に売主が「もっと高く売れるかもしれない」と決断を延ばしてしまい、チャンスを逃してしまう場合もあります。出口戦略において、自分の中で納得できるような理由付けを作っておくことも重要です。
【編集部オススメ記事(外部サイトに移動します)】
アパートローン、金利の相場はどれくらい?(TATERU Apartment)
アパート経営はするな!と言われるのは何故?(TATERU Apartment)
アパート経営で必要 or 有利な資格3選!(TATERU Apartment)
アパート経営するなら損益分岐点は要チェック!(TATERU Apartment)
アパート経営のオーナーはどんなことをすればよいのか(TATERU Apartment)