「アパート経営」と「マンション経営」、初心者が始めやすいのは?

「不動産投資を始めよう」と考えたとき、マンションから始めるか、それともアパートから始めるか、どちらが良いのか迷っている方もいるのではないでしょうか。
初心者にとって、よりリスクが少なく、始めやすいのはどちらなのか……それぞれの特徴とともに考えてみます。

アパート経営の特徴とメリットとは

アパート経営は、物件価格がマンションとは大きく異なります。アパートは木造が多いですし、建物の規模も小さいので、個人で新築一棟を購入することも可能です。また、アパートは主に単身者向けの物件になるので、学生や単身者が多く住んでいるような場所が好立地といえます。
なお、マンションによく付いているオートロックや宅配ボックスなどは、アパートにはあまり付いていません。修繕費や管理費も安く、入居費用もマンションより低くなるでしょう。マンションのように一戸を区分所有しても、利益はあまり得られません。だからアパートでは、まとめて管理できるような一棟買いが多くなるのです。
さらに、マンションとアパートの家賃設定を比較すると、一般的にはマンションよりもアパートのほうが低めとなります。家賃が高いと滞納が多くなると思いがちですが、総じて家賃の安い物件のほうが、滞納などのトラブルが発生する傾向が高くなる点も認識しておきましょう。家賃が高い物件の入居者には保証人がいて、本人の収入が安定しているケースが多いのです。
その一方で、アパートは設備関係のトラブルなどが少なめです。建物の自己管理はマンションよりもしやすいでしょう。自宅近くのアパートや賃貸併用住宅ならば、不動産投資が副業の方でも、自己管理は十分に可能です。

マンション経営の特徴とメリットは

現在、都心の駅近で好立地のエリアは、大手デベロッパーに押さえられつつあります。こうした場所で良い物件を探そうと思うと、投資対象はおのずとマンションを選ばざるをえないでしょう。マンションの場合は、アパートよりも建物の規模は大きく、1室当たりの価格も高くなります。
なお、マンションは鉄骨造やRC造など強固な構造の建物が多いので、安全性を気にするような層からの需要が高いと言えます。大規模地震が立て続けに起こったこともあり、耐震性の高いマンションでないと安心できないという人も増えているのです。また、マンションはオートロックなど防犯面の設備が充実しています。修繕費や管理費がかかる代わりに、家賃も簡単には低下していきません。

マンションが向いている人、アパートが向いている人

アパートとマンションどちらに投資するかは、それぞれの特徴を踏まえたうえで検討する必要があります。
アパート経営は修繕などの経費を抑えて、一棟全部を効率良く管理すると利益が出しやすいといえます。そのため、物件を購入できて、管理なども自分でチャレンジしてみようという人には向いているかもしれません。
一方のマンション経営は、中古マンションの区分所有などであれば、アパート一棟買いよりも手軽に始められそうです。マンションは、立地条件が良く、設備や安全性も充実している物件が多いと考えられていて家賃が高くても客付けはしやすい傾向にあります。ただし、機械や設備の自己管理は難しく、費用をかけて管理会社に委託することになるでしょう。
もともと不動産投資は、株やFXなどの金融商品と比較してリスクの低い投資です。とはいえ、初期投資の金額は比較的大きく、自己資金だけではなく、金融機関でローンを組んで行うことがほとんどです。アパートとマンションを比較してみても、これだけ特徴が違い、それぞれに一長一短があります。
最初から多額の融資を受けて大規模に始めるのは、やはりリスクが大きいです。不動産投資の経験を積みながら、無理をせずステップアップしていくのがベストなのではないでしょうか。