暮らしもアパート投資も進化? 進む住まいのIoT

新しい技術革新のトレンドとして最近注目されているものに、IoTがあります。これまで単独で使用されてきたさまざまなアイテムをインターネットにつなげて、新たな可能性を生み出そうというのがその発想です。
住まいの設備や家電製品など、身近な暮らしの分野で、IoT化を進める動きが活発化しています。近い将来に導入されれば、生活が一変するだけでなく、アパート投資においても大小さまざまな変革が生まれそうです。

暮らしのあらゆるシーンにIoT

「IoT」はInternet of Thingsの略で「モノのインターネット化」を意味する言葉です。パソコンやスマートホンといったインターネットでつながることが前提とされているモノだけでなく、最近では家電製品や自動車など、あらゆるモノがインターネットでつながることで、新しい価値を生み出そうとしています。
暮らしにおけるIoTの導入が進めば、モノがさまざまな生活情報を取得し、インターネット経由で情報を共有できるようになります。それにより今までよりさらに便利で安全な暮らしができるものと期待されているのです。
将来的にはモノがセンサーを通じて取得し、ネット上に蓄積された情報をビッグデータとしてAIが分析することで、人に対するフィードバックを自動で行うようになると考えられています。

進む住まいへのIoT導入

住宅で使用する機器についても、IoT化した製品の開発が急速に進んでいます。すでに少し前から実用化されているのが、象印マホービンの「みまもりホットライン」。ポットの使用履歴を離れて暮らす家族に通知するもので、インターネット化により「安心」という新しい価値をポットに付加しています。
家電製品ではエアコンのIoT化も進んでいます。エアコンをインターネット経由で操作する製品は数多くありますが、たとえばスマートホンアプリ、「ecobee」はスマホを使い、ネット経由でエアコンのオン・オフや温度調整を遠隔地から行うことが可能です。
どこにでもある電球をIoT化した「スマート電球」も興味深いアイテムです。株式会社TeNKYUの開発したLED電球で、「天気予報をもとに傘を持っていくよううながす」「人感センサーで住まいの防犯を担う」「一定時間オンオフがないと家族に通知することで、離れて暮らす高齢者の見守りに役立つ」などの機能を持っています。
その他、冷蔵庫や洗濯機などの白物家電、テレビなどのAV機器、体重計や血圧計などのヘルスケア機器など、さまざまな分野でIoT化した機器の開発が進んでいます。

カギのIoTが暮らしとアパート投資を変える

住まいのIoT化で今もっとも注目されているものに錠前があります。インターネットとリンクすることで、さまざまな新しい機能を持つカギが開発されているのです。
たとえば玄関のドア錠がIoT化されれば、スマートホンを使い、遠隔で施錠・解錠が出きるほか、カギの状態確認をすることも可能です。誰がいつカギを開け締めしたか、データを後から調べることができます。
暗号化されたデータが「キー」になるので、メールで瞬時に送ることも可能です。暗号化されたキーを使える回数や時間帯を制限することもできるので、アパート投資においても利用価値の高い技術です。
アパート投資では、入居づけの際、賃貸仲介会社の担当者とカギのやりとりをする手間がかかります。IoT化された錠前なら、「見学希望者がいる」という電話を受けたオーナーは、どこにいてもすぐに暗号化されたキーを賃貸仲介会社の営業マンに送ることができるのです。
 また錠前交換のコストを削減することもできます。入居者が入れ替わる際には錠前の交換が必要になることが多いが、IoT化された錠前なら、キーのデータを変えればいいだけなので、交換は不要です。

IoT導入で懸念される問題も

IoT化で懸念されるのが、情報管理の問題です。生活情報がデータ化されてインターネット上に蓄積されるため、情報漏洩の危険性が常につきまとうことになります。帰宅時刻など、生活のリズムが広く外部に漏れることで、空き巣やストーカーなどの犯罪者に利用されることも考えられます。
ハッキングの心配もないとは言えません。ネット上から機器を操作されることで、思わぬトラブルが発生する危険性があります。キーの情報をハッキングされるなど、深刻な危険を招くリスクもあるので、導入に際しては技術の確立を見守ることが大切です。

まとめ

住まいにおけるIoTの導入は生活の利便性を高めるだけでなく、子供や高齢者といった生活弱者の見守りに大きな効果を発揮します。技術の進歩は著しく、AIが自ら能力を高める「ディープラーニング」などにより、暮らしに大きな変革をもたらしてくれることが期待されています。
アパート投資においても、そういった技術をいち早く取り入れることで、カギの管理が楽になるといった管理面のメリットが生まれるだけでなく、他の物件にはない魅力をアピールできるかもしれません。

>>賃貸不動産の管理にも!IoT/スマートホーム化に興味のある方へ