投資のきっかけにも!不動産投資をしている人は身近にいる?

手持ちの資産を管理する方法として、金融機関への預貯金は代表的存在ですよね。また、資産を堅実に守りたい人にはおすすめの方法ではないでしょうか。
その一方、資産を大きく増やすために投資に関心を持つ人も少なくありません。不動産投資もその1つとして注目されています。不動産投資を始めるときは、投資をしている人に話を聞くと参考になるかもしれませんね。
ここでは、不動産投資をしている人が身近にいるかどうか、それに関する具体的なエピソードも含めて、成人男女100人を対象にアンケート調査を実施しました。
【質問】
あなたの周りで不動産投資をしている人はいますか?
【回答数】
いる:29
いない:71

wg0505


投資をしている人が身近にいない!投資に二の足を踏む傾向がある

アンケートの結果、不動産投資をしている人が「身近にはいない」と答えた人が多く、全体の7割を超えることがわかりました。

・もしかしたらいるのかもしれませんが、聞いたことはありません。(40代/女性/パート・アルバイト)
・投資をするための元金がかなりの額が必要になりそうで難しそう。(20代/男性/個人事業主)
・お金に余裕があれば投資してみたいとは思うが現状では普通の貯金でいっぱいいっぱいです(30代/女性/派遣社員)
・投資が成功したら、生活にゆとりがありそうなイメージだが、簡単にはできなそうな感じがする。(20代/女性/パート・アルバイト)

こちらの回答者には「もしかしたらいるのかもしれない」と答えた人が含まれているようです。投資をしていることを話題にしたくない人もいるからではないでしょうか。
自分が不動産投資をするに際しては、まとまったお金が必要との声や、通常の貯金で精一杯といった意見も寄せられています。投資に成功すればゆとりある生活が期待できますが、そのためにはコツを知ることが大事だとわかりました。
このようなコメントから、不動産投資のお手本になる人が身近にいない人は、投資に関して二の足を踏む傾向が強いと言えるようですね。

身近に投資家がいる!利益を得るためには勉強の必要性も

一方、不動産投資をしている人が「身近にいる」と答えた人の回答も気になるところです。

・母が所有している不動産のマンションを貸して家賃収入を得ている。(20代/女性/正社員)
・どのような種類かは知りませんが、80歳になる祖母が最近投資を始めたと言っていました。自宅にいればでき、頭のトレーニングにもなるため多少儲けているようです。(20代/女性/無職)
・地元の地主をしていてお金はあるので、マンションやアパートを買っては売っています。(30代/男性/派遣社員)
・マンションを買って、人に貸している。今の所はいいだろうけど、将来マンションが古くなったらどうするのかな、と思う。(40代/女性/専業主婦(主夫))
・アパートの投資をしている。詳しくはあまり知らないが、相当勉強しているらしい(20代/女性/派遣社員)

母や祖母など、家族が投資をしている人もいるようです。不動産投資での家賃収入のほか、投資による利益を得ている様子も見て取れます。物件売買を手掛けている資産家がいることもわかりました。
不動産投資の大きな魅力は入居者からの継続的な収入ですが、建物の管理が課題になることも見逃せません。投資で利益を生み出すためには、専門的な勉強も不可欠と言えるようですね。
自分のまわりに投資をしている人がいると不動産投資に興味を持つ機会が増えますが、投資を始めるには慎重にする必要があるのではないでしょうか。

不動産投資は身近な存在!関連サイトからの情報収集をおすすめ

アンケートの結果、不動産投資をしている人が身近にいない人のほうが多く、全体の7割を超えることがわかりました。投資をするためのノウハウを学ぶ機会が少ないため、投資に踏み切れない傾向があるようです。
一方、家族など、身近な人が投資をしていると、利益の有無なども把握できやすいのではないでしょうか。また、対象が不動産かどうかは別として、年齢性別関係なくできることが投資の魅力かもしれません。
もちろん、不動産投資に関する勉強も大事だと言えるようですね。
不動産投資に関する情報は関連サイトからの収集が可能です。不動産投資を身近な存在として把握するためにも、不動産投資関連サイトからの情報収集をおすすめします。
■調査地域:全国
■調査対象:【年齢】20代以上
■調査期間:2017年05月15日〜2017年05月29日
■有効回答数:100サンプル