競合物件の多い立地での「客付け」はどうする?

「客付け」は、不動産オーナーにとって一番気になる仕事の一つでしょう。近隣に競合物件が多い場合は、客付けをより意識して行わなければ、空室はなかなか埋まりません。
そこで今回は、競合物件が多い立地で客付けをするためのポイントと、オーナー自身ができる工夫について考えてみます。

客付け不動産会社を選ぶコツ

客付けとは、所有する賃貸物件の借り手をみつけることをいいます。
この客付けを依頼する不動産会社をどのように選べばいいのでしょうか。ここでは、選ぶときに注意するべきポイントを確認していきましょう。

・ 物件のあるエリアに詳しいか

対象物件があるエリアの動向(家賃相場、空室率など)について熟知し、きちんと理解している不動産会社を選ぶことが大切です。
事前に、担当者に競合物件の動向や平均入居率などの質問をして、的を射た回答を得られるかどうかを確認しましょう。これが判断基準となります。入居率に少なからず影響を与える重要なポイントです。

・ インターネット対策を行っているか

賃貸物件を探すときには、不動産会社に行くよりも自分の希望する条件でネット検索する人が増えています。こうした動向に敏感な不動産会社ほど、ネット対策は抜かりがありません。
依頼先候補が、大手ポータルサイトなどに物件情報を掲載しているのか、また、物件情報は詳しく記載されているのかなどしっかりとチェックしておきましょう。
ネットの物件情報の中で、特に重要なのが「写真」です。写真の撮り方や掲載枚数で、入居希望者の印象は大きく変わります。単に外観や一室の写真だけでなく、キッチン、トイレなどの水回りから、玄関やクローゼットまで、部屋の詳細が分かり、画質やアングルの良い写真を掲載したりしている不動産会社はおすすめです。

・ 店内やスタッフの雰囲気がいいか

せっかくいい物件を扱っていたとしても、スタッフの対応や店内の雰囲気が悪いと、来店した入居希望者から敬遠されてしまい、なかなか借り手がつかないという恐れもあります。
オーナーも実際に不動産会社を訪れて担当者と話をしたり、別の賃貸物件の内覧をお願いしたりして、その不動産会社の雰囲気を確認しておきましょう。
特に内覧は、担当者が分かりやすく説明をしてくれるか、物件を丁寧に扱っているのかなど、じっくりと見ておくといいでしょう。

オーナーにもできる客付けの工夫

客付けは、不動産会社や業者に依頼するだけでなくオーナーが自ら行うことも可能です。例えば、オーナーにもできる客付け方法には、以下のようなものがあります。

・ チラシや看板などを作成して宣伝

所有物件の近くに住む人々に、直接、空室があることを知らせる方法は意外と効果的です。
「実家の近くで一人暮らしがしたい」と考えている学生や、若い社会人層などに興味を持ってもらえるでしょう。また、現在は別の賃貸物件に暮らしている人の中にも、「今の家賃や住環境に不満がある」「より良い物件があれば引っ越したい」と考えている人たちはいるはずです。それらの人々に空室情報を目にしてもらうのです。
具体的には、入居者募集のチラシを作成してポスティングを行ったり、物件の前に看板を設置したりする方法があります。看板の横には、見た人が持ち帰れるようなチラシを設置しておくのもいいでしょう。
家賃や間取り、連絡先などの基本的な情報の他に、「住宅街で静かな環境」「徒歩5分以内にスーパーやコンビニあり」など、物件のアピールポイントも忘れずに入れましょう。

・ 入居者や知り合いに声をかける

所有する一棟アパートに空室がある場合、別の部屋で暮らす入居者に声をかけるという方法もあります。
学生や若い社会人であれば、同級生や職場の同僚の中から入居希望者が見つかるかもしれません。また、近くに大学などがある場合は、大学に相談してみるという方法もあります。学内にチラシを貼ってもらえたり、募集をかけてもらえたりする可能性があります。
もちろん、自分の友人や知人、親族などに聞いてみるのも一つの方法です。身近で新たな住まいを求めている人が、案外、見つかるかもしれません。顔見知りや信頼できる人からの紹介なら安心できますし、成約の確率も高まるでしょうから、オーナーにとっても大きなメリットがあります。
賃貸物件の入居率をアップさせるためには、より優れた不動産会社に客付けを依頼することが重要です。もちろん、オーナー自身にもできることがありますのでさまざまな方法を検討してみましょう。
ぜひ、物件のメリット・デメリットをしっかりと理解したうえで、「この部屋に住みたい」と入居希望者に思ってもらえるようなアピールを行い、競合物件と差をつけてください。