トランクルーム投資が成功する立地とは

土地活用の一つとして、「トランクルーム投資」があります。不動産投資の中でも費用が安く、用途転換もしやすいなど、さまざまなメリットがあります。特に注目したい点は、トランクルーム投資は賃貸住宅では通常立地が悪いとされるエリアでも、運営が成り立つということです。
そこで今回は、トランクルーム投資が成功するにはどのような立地が向いているのかを考えてみましょう。

必ずしも駅に近ければいいわけではない

オフィスや店舗、賃貸住宅でも、不動産投資では、最寄り駅の存在が非常に大切です。「駅近」「最寄り駅が便利」といったことが、立地の最重要事項といっていいほど重視されています。そのため、駅から離れた立地のアパートやマンションは、築年数が経つにつれて客付けに苦しむケースが少なくありません。
しかし、トランクルームの場合は、駅から離れていることが決定的なデメリットにはなりません。むしろ、コストパフォーマンスや荷物の搬入のしやすさが、利用者に対してアピールできるポイントになります。
特にコンテナ型のトランクルームの場合は、大型の荷物を運び込むことが多いので、たとえ駅の近くであっても車による搬入・搬出が前提です。車でのアクセスが悪い、あるいは、付近に駐停車ができない立地では、利用しにくいトランクルームになってしまいます。
また、トランクルームを設置する土地の賃貸料は、そのままランニングコストに反映されるので、「駅近」のような地価が高い土地ほど、トランクルームの利用料金も高価になります。
利用者の視点にたてば、使い勝手は変わらないのに賃料が高いと映ってしまうため、トランクルーム投資において駅近は必ずしもメリットにならないのです。

駐車場が付近にあるかが重要

このように考えると、コンテナ型のトランクルーム投資では車が利用しやすい立地かが重要なポイントといえるでしょう。
例えば、スポーツ用品などの大型の物を季節ごとに預けていたり、転勤している期間だけ物を置く場所として活用したりする人たちの視点でみれば、最寄りの駐車場から100メートル以上離れているようなトランクルームでは、別の手段でその距離を運ばなければならずとても不便に感じるはずです。
国道沿いでアクセスがしやすいとか、コンテナに車を横付けできるとか、あるいは、「駅近」の商業地域でも、近くに安いコインパーキングがありすぐに荷物を入れられるなどの条件が重要になります。

駅前ならば「室内型」

もし、あなたがトランクルーム投資を駅前で行いたいのであれば、コンテナを使った大型のトランクルームよりも、室内型の小さなトランクルームを検討しましょう。
小規模トランクルームは、ちょっとした趣味の物、家族の思い出の品、家族にみられたくない物などを預けたい人向けです。スペースを小分けにして、月々の費用が数千円から利用できるようにしておけば、手軽に預けたいという人たちの需要を喚起できるでしょう。
また、マンションの地下などにトランクルームを設置すれば、マンションの住人や、近隣住人の利用が見込めます。特にマンションの住人にとっては、自宅以外の収納スペースとして重宝されるでしょう。

トランクルーム経営を行ううえでの注意点

なお、コンテナ型のトランクルームは、実はどこにでも設置できるわけではありません。
建築基準法に定めがあり、第1種低層住居専用地域、第2種低層住居専用地域、第1種中高層住居専用地域などでのコンテナ型のトランクルームは、建築基準法違反となってしまいます。これらの用途地域でトランクルーム投資を行う場合は室内型のトランクルームを選択することとなります。
また、コンテナ型のトランクルームは固定資産税の減免措置が適用されません。場合によっては、固定資産税の出費が思いの外高額になる可能性もあります。
メンテナンス費がかからないことから「低コスト運用が可能」といわれるトランクルーム投資ですが、このような落とし穴があることも考慮して、利回りやコスト計算しましょう。
日本のトランクルーム投資市場は、海外と比べまだ小さいといわれています。比較的コンパクトな住宅が多い日本では、屋内の物置スペースを確保するのに苦労している方も多いはずです。立地を考え、固定客を獲得できるような投資になれば、成功する可能性は高まるのかもしれません。