アパート経営で知っておくべき入居者が付きやすい時期と工夫とは?

日本には毎年、人の大移動が発生します。賃貸アパートも分譲マンションもその潮流に乗ることが重要です。
そこで今回はアパート経営における入居が付きやすい時期と、入居が付きやすくするための工夫について見ていきます。

入居が付きやすい時期

日本では、春と秋に人が大きく移動します。
春というのは、4月の新学期や新入社員の入社時期です。そのため4月より少し手前の2~3月に人が動きます。アパートで最も入居が付きやすい時期は2~3月です。
分譲マンションも同じ2~3月の時期が最も高く売却できます。そのため、多くの新築マンションが2月末や3月頭に竣工する物件が多いです。
マンションディベロッパーは、マンションの建築計画を立てる際、最初に気にすることは竣工時期です。2月末や3月頭の竣工が間に合いそうであれば、速攻で建築に着手します。
逆にどう見ても2月末や3月頭の竣工が間に合いそうになければ、8月などを狙って竣工時期をずらした計画を立てます。
アパート建築においても、竣工時期は意識すべきです。これから新築アパートを建てるのであれば、2月末や3月頭の竣工を狙うのがベストです。
2月末や3月頭に「新築」という言葉が躍れば、かなりの効果があります。実際、物件を建築してみると、日本人は本当に新築が大好きだということが分かります。アパートであっても新築プレミアムは強烈です。
ところが、4月を過ぎてしまうと、ぱったりと人の移動がなくなります。春を外してしまうと、新築であってもなかなか入居者が決まらないということもあります。
4月の次に人が動くのは9月です。会社組織で9月から異動というのは多いため、8月~9月にかけて、若干ですが人の動きがあります。アパートも9月前後は、通常よりも入居者が付きやすい時期と言えます。

入居が付きやすくするための工夫

入居を付きやすくさせるためには、初期費用を落とすという工夫が必要です。具体的には礼金をゼロにする、保証金を1ヵ月とするというような対応です。
新たに入居する人は、引越代の他、新たな家具の購入など、とかく費用が発生しています。そこで礼金や保証金の存在は、入居者にさらに心理的な抵抗感を与えてしまいます。礼金や敷金の一時金を抑えることで、入居者を付きやすくすることはできます。
またエリアによってはフリーレントも検討する必要はあります。住宅の場合、3ヶ月程度のフリーレントであれば、かなりのインパクトを与えることができます。
ここでポイントなのが、一時金の減額やフリーレントを行ったとしても、月々の家賃は下げないことです。月々の家賃まで下げてしまうと、ジリ貧になっていきます。これらの対策は、あくまでも月々の家賃を下げずに入居者を付ける対策だと考えてください。
もう一つ、入居者を付けやすい対策としては、家賃をクレジットカード払いとする方法があります。クレジットカード払いだと、家賃を払う入居者の方に、ポイント還元が付くため、喜ばれます。
但し、クレジットカード払いとすると、オーナー側は約5%のカード手数料がかかるため、収入が目減りします。
そのため、カード払いを行うのであれば、例えば管理会社を外すという考えもあります。管理会社の業務は、入出金管理がメインです。ところがカードの自動引落であれば、オーナー側に入出金の煩わしさが発生しません。
家賃もカード会社から支払われるため、取立等の心配もありません。管理会社へ支払う5%の管理料と引き換えに、家賃をクレジットカード払いにするという手もあります。

まとめ

以上、入居が付きやすい時期と、入居が付きやすくするための工夫について見てきました。タイミングを重視ししながら、工夫して入居者を集めましょう。