増える「2階以上リビング」!そのメリットとデメリット

リビングは1階にあって、庭に面しているもの……。一戸建て住宅の間取りプランは従来、ほとんどがこの形でした。ところが、最近はライフスタイルに合わせてさまざまな間取りが登場しています。そのなかでも、人気を集めつつあるのが2階以上にリビングを設けるプランです。
日当たりの良さなど、独特のメリットを持つ「2階以上リビング」。しかし、先々のことを考えると、検討するべきことも多いので注意が必要です。

日当たりだけじゃない! 2階以上リビングのメリット

都市部で広い住宅用地を確保するのは簡単ではありません。まわりに住宅などがぎっしり建ち並んでいると、1階はどうしても日当たりや眺望が悪くなってしまいます。その問題を解決する手法として増えているのが2階以上にリビングを設けるプランです。
ハウスメーカーなども積極的にプランを提案しており、最近では一戸建て住宅における流行のひとつになっています。3階建ての二世帯住宅の場合には、1階と3階にそれぞれの世帯が住み、2階に設けたリビングを共有スペースにするというパターンも。間の階にリビングを設けることで、適度な距離感と絆を維持することができます。
その最大のメリットはやはり日当たりと眺望ですが、注目したい利点は他にもあります。たとえば2階には戸外を歩く人や車からの視線が届かないため、生活のプライバシーを確保しやすくなります。
広くて天井の高い大空間にできるのも2階以上リビングの特徴です。構造にもよりますが、1階は上階の重みを支えなければなりません。そこで、どうしても太い柱や梁を入れて、壁を多く設ける必要があります。2階以上にリビングを設けた場合には、そういった制約が減少するため、仕切りの少ない広々リビングが実現しやすいのです。
また、最上階にリビングを設けると、屋根裏空間をなくして「屋根裏=天井」という構造にすることもできるので、空間を縦に大きくすることもできます。寝室や子供部屋などを設ける1階は間仕切りの壁面が増すため、建物全体が地震の揺れに強くなるのも2階以上リビングの特徴です。
さらに、2階以上リビングはリビング外に広がるバルコニーと空間がつながって感じられるため、相性がいいというメリットもあります。日当たりの良い2階以上にリビングを設けると、日差しをいっぱいに取り入れられるので、寒い冬を暖かく過ごしやすいのも魅力です。

気をつけたい2階以上リビングのデメリット

2階以上リビングのデメリットとして、いちばん強く意識されるのは「階段の上り下りがたいへん」ということでしょう。宅配の受け取りや郵便物を取りに行くなど、階下と往復する機会は確実に増えます。
リビングとキッチンを並べて設けるケースが多いので、買い物の際には重い食料品等を持って上がらねばなりません。若いうちはまだしも、高齢を迎えたら住みにくくなるのでは、という不安は禁じえません。
2階のリビングにいると、1階で家族が出入りしてもわかりにくいという問題もあります。1階に寝室を設けると、心理的に不安を感じるという声も聞かれます。
また、バルコニーとの相性がいい分、庭との相性はあまりよくありません。庭が狭くなったり、使いにくくなったりするという難点があることも意識しておくべきでしょう。冬に暖かい分、夏はリビングが暑くなるという問題もあります。
水回りなどを2階に持ってくる場合には、工事費もやや割高です。

快適な2階以上リビング実現の工夫

「階段の上り下り」という問題の解決には、エレベーターの設置が最適です。ただし、こちらは費用がかかる対策です。とりあえずは検討して、将来的に設置できるようなスペースを用意しておくという折衷案もあります。
階段を往復する機会はどうしても多くなりますが、ドアホンと連動する門扉錠やドア錠を導入しておくと、その回数を減らせます。また、階段の幅を通常より広めにとっておくと、使い勝手が良くなります。
家族の出入りについては吹き抜けなどを設けておくと、感知しやすくなります。子供がいる世帯では、特に意義深い工夫です。

まとめ

家族がリビングに集まる時間が近年は増えています。いちばん大切な部屋を快適にしたいというニーズを満たせるのが2階以上のリビングです。
さまざまなデメリットはありますが、設備や設計の工夫でカバーできる事柄も多いので、今後はさらに増えていくものと考えられます。