住宅ローンを持っている人がアパートローンを組めるかどうかについて

サラリーマンの方がアパートローンを組む場合、既に住宅ローンを組んでいる人も多いお思います。
住宅ローンを組んでいる方でも、アパートローンを組むことは可能です。しかしながら、住宅ローンがある人は、住宅ローンが無い人よりもアパートローンを組める条件が一部不利になってしまいます。
今回の記事のテーマは住宅ローンを組みながらのアパートローンを組むとどうなるかについてご紹介します。

住宅ローン残債分だけ減額される

現在、国は住宅ローン減税やマイナス金利の導入等、国民が住宅取得をしやすくするため様々な施策を行っています。
さらに、住宅ローン金利も超低金利であるため、住宅ローンを組むことが大変有利な状況にあります。住宅を保有しているほとんどの人は、住宅ローンを組んでいる人が多いです。
多数の人が住宅ローンを組んでいるため、銀行も住宅ローンを組んでいてもアパートローンを組めるようにしています。
但し、借りることのできる金額は、住宅ローンの残債分だけ減ることになります。この点が、住宅ローンを組んでいる人にとって不利な点です。
銀行が持っている住宅ローンの融資枠は1~3億円です。例えば、住宅ローンの無い人が3億円借りることのできる銀行があるとします。この場合、住宅ローン残債が3,000万円残っているような人であれば、2.7億円までしか借りることができません。
アパートローンを借りた場合、仮に入居者が全く入らないケースが発生すると、給与所得の中からローンを全部返済することになります。
入居者が全く入らない事態を考慮すると、住宅ローンを抱えている人は給与所得の中から住宅ローンも返済しなければなりません。そのため、銀行からすると住宅ローンを抱えているひとは、融資額を減額せざるを得なくなるのです。

多重債務のリスク

アパートの場合、入居者が全く入らないというケースは想定しにくいため、住宅ローンを抱えていることのリスクがピンと来ないかもしれません。
ところが、区分所有のワンルームマンションに投資するような場合、住宅ローンのリスクが顕在化します。
区分所有のワンルームマンションは、1室もしくは2室という単位で購入します。空室保証も組むことも少ないです。
不動産投資ローンを組んでワンルームマンションを購入した後、全ての部屋で入居者が全く入らなくなるというケースは実際に起こり得ます。
すると、住宅ローンを抱えている人は、2つのローンを給与や貯金を切り崩しながら返済していくことになります。終的には自己破産までしてしまう人もいるほどです。
同じような事態が起きても、住宅ローンを抱えていない人は、安い賃貸に引越等、何らかの対処をすることができます。住宅ローンを抱えている人ほどのリスクはありません。
アパートローンの場合も、住宅ローンを抱えていれば構造的には多重債務です。住宅ローンを抱えている人は、住宅ローンが無い人よりも借入金の返済リスクが高い状態にあります。

住宅ローンを抱えている人の対処方法

しかしながら、住宅ローンを抱えている人でも、住宅ローン残債と合算した融資枠の中で、無理のない返済計画が立てられる物件であれば、特に問題はありません。
無理のない返済計画とは、①自己資金をしっかりと準備すること、②良い物件を選ぶことの2つになります。
良い物件とは利回りの高い物件ということではありません。立地が良い、築年数が浅い等、今後も賃料収入が長く安定しそうな物件のことです。このような物件は優良物件ですので利回りが低いです。
低い利回りの物件でも、きちんと返済できるように自己資金はしっかりと準備しておくことがポイントとなります。

まとめ

以上、住宅ローンがある人のアパートローンの是非について見てきました。住宅ローンのある人は、無理のない返済計画が立てられる物件を購入するようにしましょう。