「ペット可物件」が今人気!?

近年、賃貸物件で人気を呼んでいるジャンルの一つに「ペット可物件」があります。単身世帯が増える中、ペットに癒しを求める人が増えているようです。
そこで今回は、ペットと一緒に暮らせる物件について考えてみましょう。

ペット可物件が人気を呼んでいる理由は

最近、「空前のペットブームが到来」といわれ、特に猫を飼う人が増えているといいます。これまで国内での猫の飼育数は犬よりも少なかったのですが、「小さい」「エサ代があまり必要ない」「室内で飼いやすい」などの理由から、猫を飼育する人が増えています。特に、女性の人気が高いようです。犬に関しては、トイプードルなどの小型犬の人気が高まっていて、小さなペットを飼う人が増加しているようです。
こうした人気を背景にペット可物件が増えていますが、そこには賃貸物件を運営するオーナー側の事情もあります。築年数が古い物件の場合、家賃を下げてもなかなか入居者が見つからなくなるため、リノベーション費用をかけずに客付けをする狙いで「ペット可」に踏み切り、他物件との差別化を図ろうとしているのです。

「ペット可物件」と「ペット用物件」は違う

ここで注意しておきたいのが、「ペット可物件」と似た呼び名の「ペット用物件」「ペット向け物件」というものが存在することです。
「ペット可物件」は、ただ単に「この部屋でペットを飼育してもいい」と許可している物件です。上述の通り、通常のアパートやマンションを転用したケースが多く、特段ペット向けの設備などを設けているわけではありません。鳴き声などが周囲に聞こえないよう防音処理をしたり、ペット用のケージなどを付けたりすることはあっても、大幅な改装は行わないケースがほとんどです。
一方「ペット用物件」は、ペットを飼うことを前提に作られたアパートやマンションです。防音性が高く、部屋に臭いが付きにくい、ペットが運動できるスペースがあったり、飼い主同士が交流できるスペースがあったりする物件です。
入居者が両者の違いを理解していなかったために、「ペット向け物件」と思って、「ペット可物件」に申し込み、「思っていたのと違う」となるケースもあるそうです。事前の内見はしっかりと行い、入居者には、必ず事前確認を取るという手続きが必要かもしれません。

修繕費のトラブルが多いのが難点

ペット可物件、ペット用物件のいずれにも発生するのが、修繕費の問題でしょう。動物を飼育すれば、どうしても動物特有の臭いが染み付くのは避けられません。退去時には、これらの消臭処理が必須となります。
さらに、爪のある動物を飼っていると、床や壁に傷や跡が付きます。壁紙などが破かれる恐れもあるでしょう。ペット用マンションは、こうした事態を想定して、家賃を高めに設定したり、敷金を多く預かったりしていることも多いです。しかし、ペット可物件では、部屋の壁紙などもペットに対応したものではないため、傷つきやすく、退去時にはクロスやカーテン、フローリングなど、すべてを交換しないと使いものにならない場合もあります。
このような場合に備えて、修繕費の負担分担を、オーナーは入居者と事前に話し合っておきましょう。壁紙や床をすべて交換すると、かなりの費用がかかります。「そんな金額は払えない」と入居者から言われないように、契約時に取り決めをしておくことが大事です。

飼育できる動物を決め、飼育状況も確認

ペットの飼育状況が、トラブルに発展することもあります。「おとなしい性格だから鳴かない」と、入居者が言っていても、ペットは生き物です。環境の変化に適応できず、落ち着きがなくなることもあるでしょう。
契約前には、ペットの年齢や健康状態を確認しておきましょう。飼い主が部屋を空ける時の対応など、ペットの生命に影響しうる不安要素に注意して、トラブルに発展するリスクはできる限り避けるようしておくべきです。
今回は「ペット可」物件について考えてみました。確かに、賃貸物件では「ペット可物件」にすることで、費用をかけずに入居者からの問い合わせを増やせる可能性があります。しかし、「ペット可」にすることで発生するリスクもあります。空室が続くからといって、安易にペット可物件にするのではなく、よく考えたうえで、判断してください。