不動産投資で空室を減らしたい!どうすれば効果的?

これから不動産投資を行う人や、既に行っている人が気になるリスクといえば空室リスクではないでしょうか。
空室を少しでも減らすためには、賃貸住宅に入居する希望者が契約する時に感じるデメリットを知っておき、それに対応することが大切です。
そこで賃貸契約をする時に「負担が大きいと思う出費はどれか」についてアンケートをとってみました。

敷金や礼金は「高額になるためイタイ!」と考える人が多い

アンケートの結果、「敷金や礼金」が最も多く、次いで「家具や家電」「火災保険料」といった人が多いようです。
・敷金です。2か月分欲しいと言われました。資金面でも苦しい時だったので、意外どころか思いっきり負担となりました。(50代/女性/専業主婦(主夫))
・敷金と礼金です。仲介御者さんが大家さんと交渉してくれて本来の敷金(家賃の二か月分)から半額にしてもらえましたが、そうでなかったら、礼金と最初の月の家賃を合わせて、家賃の3.5倍を準備しなければならなかったので、かなり苦しかったと思います。(30代/女性/無職)
・敷金。契約前はあまり意識していなかったが、初月に家賃2ヶ月分はかなり大きな出費だった。(20代/女性/学生)
・カーテンなどの家具などが、もとの家とあわずに買い替えなければならなかったこと。(30代/女性/個人事業主)
・大家さんが指定する火災保険に入ることが条件だったのですが、以前に借りていたところより保険料が倍ちかく高くて予想外の出費になりました。(60代/女性/正社員)
敷金や礼金は他の出費と比べて高額になりがちなため、負担を感じる人が多いようです。
また、家具などのように自分で選べるモノであれば節約することも可能ですが、物件ごとにあらかじめ定められており、選択肢がないということもより苦しく感じてしまうのかもしれません。
これは火災保険の保険料も同様で、選択権が自分にあればもっと安い保険を探すことができるのに、それができないため余計に「高い」と考えてしまうのではないでしょうか。
また、家具については元々使用しているモノをそのまま使えれば、新しい出費はないはずです。
しかし、アンケート結果のように「寸法上の問題」があれば、本来買い替えなくて良い家具を買わなくてはならないため「損をした」という感覚が強くなるのかもしれません。

不動産投資で空室を減らすには、敷金や礼金を安く抑えること

アンケート結果から分かるように、賃貸住宅の入居者が負担を感じるのは「敷金や礼金」が最も多いです。確かに敷金は賃借人が退去する時の修繕費にも充当されるので、安くすることは難しいかもしれません。ただし、礼金は大家の儲けになる部分ですが、それが原因で長期間空室になってしまっていては本末転倒です。
不動産投資を行っている、またはこれから行う予定がある人で空室リスクが気になる人は「礼金」について特に検討し直してみるとよいでしょう。
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2017年10月31日~2017年11月14日
■有効回答数:100サンプル