夢は理想のマイホーム!でも手続きはこんな面倒なこともある!?

マイホーム購入を決めて実際行動してみると、さまざまな手続きを進めていくなかで考えていたよりも忙しかったり面倒だったりすることもあります。
しかし、それも夢を叶えるためには必要なステップ。あらかじめどんな面倒なことが待っているのか分かっていると、心構えもできるでしょう。
そこで、すでにマイホームを購入した先輩たちに、何が面倒だったかアンケートを取って聞いてみました。

いろいろ出向くことが多い!書類の手続きも面倒!という人が多い

アンケートの結果、打ち合わせや決めなくてはいけないこと、書類関係など忙しいことはいろいろあるようでした。
・とにかく出向くことが多いこと。不動産業者との契約のため、ハウスメーカーとの契約のため、ローン申込、ローン契約、家の点検の立会いなど、出向く機会が多く、面倒だった(20代/女性/派遣社員)
・打ち合わせ。毎回お店に出向かなければならなく、日曜日が潰れて時間がなかった。(30代/女性/派遣社員)
・住宅ローンを組んだのですが、その審査のために何度も銀行に行かなくてはならず、かなり面倒でした。(50代/男性/専業主婦(主夫))
・マイホーム購入の際に面倒だと思った事は建築資材選びが、結構色々な素材の中から選ぶのが面倒だった。(60代/男性/派遣社員)
・リビングの壁紙やトイレのタイルなど決めなければならないことが多いこと。(40代/男性/正社員)
・一つ一つの書類を読んで確認するのが、時間がかかって大変でした。(30代/女性/正社員)
・重要事項説明書や売買契約書、ローンなどの説明が延々と続き、サインをひたすらしたことです。(40代/男性/正社員)
・ローンの審査。書類をいろいろと提出しなけらばならなくて、集めるのが大変だったから。(20代/女性/パート・アルバイト)
不動産業者やハウスメーカー、銀行など家を購入するまでに訪れる場所もいくつかあり、あちこち出向くのが面倒だったという人は多いようでした。
確かに土地探しやハウスメーカー選びはなかなか一度で済まないことも多いかもしれません。決まったら決まったで事務的な手続きや建築の詳細を決めるのにも何かと時間がかかり、大変だったのでしょう。
また、不動産関連やローン関係とともに書類のやり取りも多い様子がうかがえ、確認やサインをする作業そのものは簡単でも量が多いとやはり面倒そうですよね。

マイホームの夢を叶えるためには面倒なことも頑張ってクリア

家の購入を決めてから実際に手に入れるまでの間には、土地探しに不動産業者に出向いたり、ハウスメーカーとの打ち合わせをしたりなど、いくつかの段階を経なければなりません。
ローンを組むならば銀行でも手続きしますよね。そのため、一朝一夕にはいかず、ある程度の時間をかけ、ひとつひとつ段階を踏んでいかなければならないことは覚悟しておく必要がありそうです。
また、書類の確認やサインを一枚一枚するのは確かに面倒かもしれませんが、トラブルを防ぎ、契約を確実にするためには必要なこと…。
少しずつ手続きが終わるたびにマイホームという夢に近づいているのですから、そのステップとしてひとつひとつクリアしていきましょう。
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2017年10月31日~2017年11月14日
■有効回答数:100サンプル