待ちに待った冬のボーナス!使い道を全国100人に大調査!

冬のボーナスシーズンといえば、クリスマスや年末年始に向けて何かと物入りな時期でもありますよね。せっかくのボーナスは無駄なく有効に使いたいものです。
そこで今回は、冬のボーナスをどのように使いたいか全国の男女100人にアンケート調査しました。それそれの価値観や生活設計が垣間見える、興味深い意見が集まっています。

【質問】
この冬のボーナスをどのように使いたいですか?
【回答数】
貯蓄:51
趣味・自己投資(旅行, 嗜好品, 資格勉強など):0
生活費の足し:20
ローン返済:16
投資(資産形成):4
その他:9

堅実派!?将来を見据えた回答が第1位

アンケートの結果、「貯蓄」が一番多い結果となりました。
・家を建てるために貯金をしてお金をためなければならないからです。(30代/男性/正社員)
・数年後にリフォームを考えているので、それに備えて貯蓄しておきたい。(50代/女性/専業主婦(主夫))
・子供の教育費にお金がかかるようになるので、今のうちから貯めておきたいと思います。(40代/女性/専業主婦(主夫))
・将来の事を考えると何も使えません。不安なので貯蓄に回します。(40代/男性/正社員)
新居やリフォーム、教育費など現実的な出費に備えるといった意見がある一方、具体的な予定はないものの、不安を解消するために貯蓄するという声も聞かれました。
貯蓄が2位以下の回答に大きく差をつけたことからも、将来に少なからず不安を抱いている人が多いことがうかがえます。

まずは目の前のことに使用する人も多数

「貯蓄」に次いで、「生活費の足し」が2位となりました。
・毎月決められた給料もらっても、それだけでは生活費として足りないので。(40代/女性/パート・アルバイト)
・世知辛い世の中であり、先々の不安が増大している気分なので、正月が無事に迎えられるようにしたい。(60代/女性/個人事業主)
・ただいま臨月でもうすぐ家族が増えるので、生活費が今よりもかかるため。(20代/女性/専業主婦(主夫))
とりあえず今の生活を続けるためにという切実な意見が挙げられました。「ボーナス」という言葉には贅沢な臨時収入をイメージしがちですが、実際には贅沢するほどの余裕はない人も多いのかもしれませんね。
また、出産というおめでたい出来事も出費が増えるなど大変な面を合わせ持っているようです。

現金以外で「大きな買い物」をした人たち

3位は「ローン返済」となりました。
・住宅ローンや自動車ローンの返済で半分以上は消えます。あとは生活費に消えます。(40代/男性/正社員)
・車を購入したので、その返済に全額消えることが確定しています。(20代/女性/専業主婦(主夫))
住宅や自動車などの大きな買い物をした人にとって、ローンの返済は避けられないことです。
一見するとボーナスがもったいないようですが、新しい住宅や自動車で生活がより楽しくなったことを思えば、幸せな悩みかもしれませんね。

「貯蓄より投資」の流れも見られた

4位は「投資(資産形成)」となり、「趣味・自己投資(旅行, 嗜好品, 資格勉強など)」の回答はありませんでした。
【投資(資産形成)】
・将来のために、ただ貯蓄をするより投資をしているほうが良いと思うから。(30代/女性/個人事業主)
・老後の資金がまったく蓄えられていないので、そろそろ本気で投資信託に取り組もうと思っています。(40代/女性/専業主婦(主夫))
このように、単純に貯蓄をするのではなく、投資によって将来の蓄えを増やすことに賭けたいと考える人もいるようです。投資は正しい知識を身につける必要がありますが、うまくいけば一発逆転も期待できるかもしれませんね。

現実的な回答が多い結果に!

今回のアンケート結果からは、冬のボーナスで旅行や趣味などの娯楽を楽しむことよりも、目の前の生活費や将来への貯蓄など現実的な回答が多く寄せられました。
さみしい結果とも受け取れる半面、出産や子供の教育費など大変ながらも家族の幸せを感じる回答も見られます。冬のボーナスの使い道をまだ決めていない人は、ぜひ参考にしてみてください。
■調査地域:全国
■調査対象:年齢不問・男女
■調査期間:2017年10月31日~2017年11月14日
■有効回答数:100サンプル