若いうちから副業で不動産投資を行うメリットと注意点について

現役サラリーマンの間では、将来の年金に対する不安もあり、副業で不動産投資を始める人が増えています。
若いサラリーマンが副業として行う不動産投資には、メリットもありますが、注意点もあります。
そこで今回は若いうちから副業で行う不動産投資についてご紹介します。

高齢者による投資リスク

近年、不動産投資や株式投資、FXなどの投資セミナーには、65歳前後の人たちが多数参加するという現象が見られます。
サラリーマン生活を終え、年金以外の収入を確保するために、老後になって投資を始める人が増えています。
現在の高齢者は、長寿命化を考えると、年金と貯蓄だけでは先々不安です。貯金が尽きても、まだまだ健在である可能性は十分にあります。
そこで定年前後の方が、思い切って投資に踏み切るケースがあります。ところが、失敗する人も多いのも実態です。せっかくの退職金まで失ってしまい、逆に老後の生活が苦しくなってしまう場合もあります。
収入の少ない高齢者が、いきなり不動産投資を始めると、失敗したときのダメージが大きく、リスクは高いです。

サラリーマンが不動産投資を行うメリット

それに対し、現役サラリーマンには、安定した給与所得があります。現役サラリーマンと高齢者では、不動産投資に失敗したときにリカバリーする力が全く異なります。
不動産の賃料収入以外に十分な給料があれば、余裕をもって不動産投資を行うメリットがあります。
若い現役サラリーマンには、老後までの時間があります。これは不動産投資を行うにあたっては大きなメリットです。
不動産投資は運用益であるインカムゲインを主とします。インカムゲインでは、資産を増やすのにとても時間がかかります。
また、不動産投資は必ずしも成功するとは限りません。現役サラリーマンであれば、失敗しても、それが本人のノウハウとして蓄積されていきます。
現役サラリーマンが、若くして始める不動産投資には、「資産形成」と「ノウハウの蓄積」という観点からメリットがあります。
若いうちから不動産投資を始めた人であれば、定年退職時に、大きな資産で失敗が少ない不動産投資ができるようになっている可能性も秘めるのです。

サラリーマンが不動産投資を行う場合の注意点

一方で、現役サラリーマンは住宅ローンを抱えている人が多いです。不動産投資ローンを借りて不動産投資を行う場合、住宅ローンと不動産投資ローンの二重ローンを抱えることになります。
二重ローンの場合、不動産投資が失敗すると、不動産投資ローンと住宅ローンを全て給与で返済していかなければなりません。
現役サラリーマンで不動産投資に失敗するケースとしては、空室が続いた際、不動産投資ローンと住宅ローンが返済しきれない場合です。場合によっては自己破産までしてしまい、結局、自宅まで売却せざるを得ないようなケースがあります。

二重ローンリスクの回避方法

二重ローンのリスクを抑えるには、「小額物件の投資から始める」もしくは「自己資金を多くする」等の対応が必要になります。
小額物件から始めるのであれば、キャピタルゲインが狙えるときに売却し、徐々に資産を増やしていくのが理想です。
キャピタルゲインで資産を増やしていく投資スタイルであれば、定年退職時には、相応の資産で不動産投資ができるようになっています。
若い現役サラリーマンであれば、定年退職後に向けて、不動産投資でコツコツと資産形成をすることが賢い投資と言えます。

まとめ

以上、若いうちから副業で不動産投資を行うメリットと注意点について見てきました。資産形成とノウハウの蓄積には時間がかかります。不動産投資は若いうちに始め、時間をかけて資産を大きく育てるのが良いでしょう。