新しい住まい作りの構法 混構造ってどんなもの?

一戸建て住宅の主な工法には木造・鉄骨造・RC造があります。それぞれに個性があり、メリット・デメリットもあるので、住まいを取得する際にはどれにするか迷うところです。
これに加えて、第四の選択肢として、複数の工法を組み合わせる「混構造」が最近は注目を集めています。コストを抑えつつも、耐震性が高く、個性的なデザインの住まいを実現できるなど、さまざまなメリットがあります。
そこで今回は「混構造」について調べてみました。

木造・鉄骨造・RC造のいいとこ取り

住まいの構造には主に木造・鉄骨造・RC造の3種類があります。国内でもっとも一般的なのが木造です。国土交通省の資料によると、2016年に建てられた一戸建て住宅の9割を占めます。建築費が安く、建てるのが容易なので、中小の工務店やハウスメーカーが提供しています。
鉄骨造は鋼鉄製の柱や梁で住まいを支える工法です。主にハウスメーカーから提供されており、木造より建築費が高いものの、耐震性が高いという特徴があります。
鉄筋コンクリートを主な建材とするRC造は建てるのがやや難しいため、取り扱っているのはゼネコン系などごく一部の事業者に限られます。建築コストは高めですが、設計の自由度が高く、耐震性が高いことで知られます。
3つの工法にはこのようにメリット・デメリットがあるため、組み合わせてそれぞれのいいとこ取りをするのが混構造です。

費用を抑えて頑丈な住まいを

混構造でもっとも一般的なのは、一階をRC造、二階以上を木造で建てるというものです。一階を重さや揺れに強いRC造にすれば、高い耐震性を確保できます。
全階をRC造で建てるのに比べ、建築費を大幅に抑えられます。さらに、二階以上は木造なので、くつろぎの空間を実現しやすいというメリットもあります。
また、崖下など特別な立地では、万一の土砂崩れに備え、一階部分に強固な擁壁を作ることが法令で求められています。一階をRC造で作れば、鉄筋コンクリートの壁が擁壁の代わりになるため、規制をクリアできるのがメリットです。

アイデアいろいろ!打ちっ放し壁や防音室も

住まいの一部を特別な構造にすれば、その構造が持つ特性を暮らしに活かすことができます。たとえばご近所の住まいと隣接している都市部では、音楽演奏や大音量での映画鑑賞などを楽しみにくいものです。
コンクリート壁は防音性が高いので、RC造で音楽室やシアタールームを作れば、近隣にあまり気兼ねせずに趣味を楽しめるようになります。
上下階の音漏れも防げるので、一階をRC造で建てる混構造は親世帯・子世帯が階を分けて暮らす二世帯住宅にも適しています。二世帯住宅ではそれぞれの生活音がプライバシーの問題につながり、トラブルの要因になります。そのため、防音性能を高める工夫には大きな価値があります。
またインテリアという面でRC造独特の打ちっ放し壁を好む人にとっても、混構造は一つの選択肢になり得ます。一階だけ、あるいは壁一面だけにRC造を導入すれば、コストを抑えておしゃれな雰囲気を楽しめます。

工期や事業者選びの難しさなどデメリットも

メリットの大きな混構造ですが、導入にあたっては注意すべきことがいくつかあります。まず、混構造で住まいを建てられる事業者はRC造の工事ができる会社に限られます。前述したように、RC造で住まいを建てられる事業者は少ないので、エリアによっては簡単に見つからないかもしれません。
工期が長くなりがちなのも混構造の難点です。RC造部分の建築では複数の事業者が共同で作業するため、一般的な木造や鉄骨造に比べて建築に時間を要します。
まだまだ珍しい工法なので、コストが読みにくいという問題もあります。設計段階で総コストと工期をできるだけ明確化しておかないと、予算を大幅に上回ってしまうリスクを認識しておくべきでしょう。

まとめ

二つ以上の工法のメリットを組み合わせることができる混構造には大きな利点があります。工法で迷っているときには、検討すべき選択肢の一つと言えます。ただし、RC造の施工は他の工法に比べて難しいのに加え、まだ事例が多くありません。設計・建築を依頼する事業者をしっかり選ぶことが大切です。