見ればその会社が分かる!?お金を貸したくなる会社の決算書とは

不動産投資家にとって、金融機関からの「融資」は重要です。世の中にはスムーズに融資が受けられる会社となかなか融資が受けられない会社があります。金融機関の担当者が見ている決算書のポイントを確認するとともに、お金を貸したくなるような決算書が存在するのかを確認しましょう。

すべての会社で共通のこと

不動産経営に限らず、世の中に存在するすべての会社は、基本的に以下の3つの経済活動を行っています。
1. お金を集める(財務活動)
2. 投資する(投資活動)
3. 利益を上げる(営業活動)

まず、融資や株式発行で設備投資用の資金や運転資金を調達します(財務活動)。続いて、従業員を雇って生産設備設置などの投資を行います(投資活動)。そして、生産した製品やサービスを売って利益を上げます(営業活動)。
会社は、この3ステップを循環させて利益の最大化を図ります。自動車メーカーであれば自動車、不動産業ならば不動産などですが、業界が違っていても利潤追求のプロセスは同じです。

キャッシュフロー計算書を重要

この3ステップの情報が記載されているのが決算書です。決算書には「賃借対照表」「損益計算書」「キャッシュフロー計算書」の3つがあって、融資担当者はこれらを見て優良な会社かどうかを判断します。
賃借対照表では主に1.財務活動と2.投資活動、損益計算書では3.営業活動の情報が記載され、最終的にキャッシュフロー計算書によってお金の流れがすべて分かるような仕組みになっています。
営業活動で得られた利益と、実際にお金を受け取るまでにはタイムラグが生じます。そのため、帳簿上は売掛金として利益計上されます。損益計算書でこの売掛金の情報は得られますが、その売り上げがいつ回収されたのかはわかりません。
融資担当者にとって最も大切なことは、その会社のキャッシュフローです。キャッシュフロー計算書には、売掛金の回収までが記載されています。黒字倒産を防ぐためにも、融資担当者はキャッシュフロー計算書を重視するのです。

キャッシュフロー計算書で業績が丸わかり!

キャッシュフロー計算書を見れば会社の業績が分かります。
例えば、3ステップの活動におけるキャッシュフローを財務キャッシュフロー、投資キャッシュフロー、営業キャッシュフローとします。それぞれの場合がどのような状態なのかを見てみましょう。

1. お金を貸したくなる決算書


営業活動が「大きくプラス」ということは大きな利益を上げており、財務活動がマイナスということは金融機関への借金返済、もしくは株主への還元を行うなど業績が安定していることを指しています。そして、これらの合計がプラスになればなるほど自由に使えるキャッシュは大きくなります。これが、銀行担当者がお金を貸したくなる決算書の一例です。
それでは、この財務計算書で、財務キャッシュフローがプラスに転じている状態はどうでしょうか。

2. 借金をあえて増やして事業拡大を図っている


これは「借金を増やす必要はないのに、あえて増やして事業拡大を図っている」というケースです。

3. 会社が不調


他方、会社が不調ならば営業キャッシュフローはマイナスになり、財務キャッシュフローはプラスになります。この状況は、会社にキャッシュがなくなり資金繰りに詰まるのを避けるために、金融機関からの借入を増やすという、業績不調企業にありがちな決算書になります。

融資担当者が「お金を貸したくなる」人と「ならない」人の違い

同じ利益を出していても融資が受けられる人と受けられない人に分かれるのは、自由に使えるキャッシュフローと財務キャッシュフローの違いにあります。利益額は同じでも追加の借入で自由に使えるキャッシュが減ってしまう決算書や、多額の利益を借金の返済などに回して財務キャッシュが大きくマイナスとなり自由に使えるキャッシュが少なくなっていると、これ以上の融資は危険だと金融機関に判断されるおそれもあります。
なかなか融資が獲得できないという人は、現状のキャッシュフロー計算書を確認し、融資担当者から自分がどのように見られているのかを再確認する必要があるのではないでしょうか。