不動産投資家なら入居希望者のために注目すべき内見映えするインテリア!

入居希望者が入居を決めるにあたり、重要になるポイントの一つが「内見」です。現在では、物件に直接足を運ばなくても、VRなどを活用して、部屋の雰囲気や広さ、間取りなどを見ることができます。しかし、特別な事情でもない限り、契約前に一度は内見を希望する人がほとんどではないでしょうか。そこで今回は、内見者に喜んでもらえそうな「内見映え」するインテリア雑貨を紹介します

必見!内見映えするインテリア

インテリアを紹介する前に内見映えを意識する理由について説明します。入居希望者は一つの物件を見て住む家を決めるわけではありません。いくつかの物件を見て住むイメージを膨らませてから、実際に住む家を決めるのです。そのため、入居希望者の内見で「ここに住みたい」と思ってもらうことが大切なのです。紹介する5つを参考にしてみてください。

●内見映えその1 子どもの身長が記録できる「葉っぱステッカー」

小さな子どもがいるファミリー向けの物件におすすめなのが、第11回キッズデザイン賞にも選ばれた「木の身長計ウォールステッカー」です。
「柱の傷はおととしの……」と童謡にもあるように、お子さんの身長を壁や柱にマークして成長を記録したい人もいるでしょう。しかし、賃貸物件では、DIY物件などの一部を除いて、入居中に部屋の壁や柱などに傷を付けたり穴を空けたりすることができません。
その点、このウォールステッカーは木の形になっているものの、壁に貼ってはがせるタイプで、身長を測れるデザインです。葉っぱのステッカーに文字を書いて貼ることもできるので、壁を傷つけずに、子どもの身長を記録できます。
葉っぱの数が増えるほど、木も育っているように見えるユニークなデザインです。内見中のお部屋に貼ってあれば、「この家で、子どもが成長する様子」をイメージしやすいでしょう。

●内見映えその2 Coolなポスターを貼ってアピール!「ひっつき虫」

内見者向けのインテリアの工夫といっても、特別に高額な費用をかける必要はありません。アクセントとして、センスの良い絵やポスターを飾るだけでも殺風景な室内の印象がガラッと変わります。部屋の壁にポスターなどを貼る際に役立つインテリアの一つに大手文具メーカーが販売する「ひっつき虫」があります。
練り消しゴムのような形状の「ソフト粘着剤」で、壁を傷めずに貼って剥がせるタイプですから、賃貸物件でも問題なく使用できます。ポスターなどの紙類が壁に貼れるだけではなく、小さなオブジェや置物ならば、底に貼って棚などに固定することもできます。貼る場所を変更するのも簡単なので、インテリア雑貨などを陳列するのに重宝します。インテリアに関心がある若者向けの物件で、他の雑貨と一緒に活用してお部屋を上手に飾ってみましょう。

●内見映えその3 日本では利用者が少ない「読書ランプ」

照明器具は思っている以上にセンスが問われるアイテムです。シンプルなリビングやキッチンにセンスの良い照明器具が一つあるだけで、洗練された印象が生まれます。本当に多種多様な照明が販売されていますが、北欧系の大手家具量販店では、日本の一般家庭ではあまり馴染みのない「読書ランプ」というアイテムが販売されています。
ソファの脇やベッドサイドなどに立てるタイプの照明で、部屋全体を照らすフロアアップライトと、スポットで照らす読書ランプが一帯になっているのが特徴です。それぞれを別々に点灯することも可能です。夕方から夜などの時間帯に内見がある場合には、雰囲気のある空間を演出することができるでしょう。カップルなどを対象とした二人暮らし用の物件や、ファミリー向けの物件などにおすすめです。

●内見映えその4 実用的でおしゃれな「予定も書き込めるミラー」

インテリア雑貨には、凝ったデザインの物や「見た目」重視の物が少なくありません。若者に人気の高い、あるブランドショップで販売されているアートボードは、壁に掛けてミラーとして使えるだけではなく、付属のマジックで1週間の予定が書き込める実用性とおしゃれさを兼ね備えたアイテムです。もちろん、マジックの文字は消せますので、気軽に書き込めます。
仕事にプライベートに忙しい単身者向けの物件にも、家族の予定を管理する必要のあるファミリー向け物件にも、きっと利用価値が高く、部屋のイメージをアップさせることができるでしょう。

●内見映えその5 お手入れ不要の「フェイクグリーン&フェイクフラワー」

殺風景な部屋でも観葉植物を置くだけで、ぐっと温かみのある優しい印象になります。とはいえ、内見用に本物の植物を置くとなると費用がかかりますし、手入れの手間もあるので合理的とはいえません。家具量販店には、フェイクグリーンやフェイクフラワーアイテムが数多く用意されています。
135cmサイズでリビングルームなどに置くと映えるフェイクグリーンの「ドラセナ」や、ブリキのポットにバラやダリアの造花が入った華やかな印象の「ブリキポットアレンジ(ローズ&ダリア)」などバラエティ豊かです。
フェイクですから長持ちしますし、使えば使うほど、費用は「お得」になります。単身者からファミリー向けまで、内見用のインテリア雑貨としてオールマイティに取り入れやすいと思います。

内見映えを意識し、入居者を増やそう

内見で成約率をアップさせるには、何といっても第一印象が大切です。お部屋をおしゃれに美しく飾るインテリア雑貨は比較的ローコストで、内見のクオリティを高めることができます。競合物件が多い場合はなおのこと、内見映えするインテリア雑貨で一味違う演出をしてみましょう。
今回紹介したアイテムは、ほんの一部です。コーディネーター気分で、お好みのインテリア雑貨を取り入れて、空室リスク低減にチャレンジしてみてはいかがでしょうか。