株式投資との比較で分かる不動産投資が資産家に人気の理由とは

同じ投資という言葉でも、株式投資と不動産投資では随分異なります。両者は収益構造も異なれば、リスクや流動性も異なってきます。
株式投資と不動産投資のどちらを選ぶかは、投資の目的や本人の性格等によるところも大きいです。では、不動産投資はどのような人に向いているのでしょうか。
そこで今回の記事では、株式投資と比べた場合の不動産投資の優位性について解説します。

株式投資の特徴

株式投資と不動産投資の大きな違いは、一言で言うと「安定性」です。
株式投資は、良い意味でも悪い意味でも不安定です。株価の上昇によっては、投資額が何倍になるようなこともあり、大きく儲けることができるのが株式投資の魅力です。
一方で、株価は一気に下がることもあり、場合によってはゼロになることもあります。大きく損をするおそれもあるのが株式投資の最大のデメリットです。
また株式投資は、収益もいつ得られるか分からず、収益予測も不安定です。株式投資では、キャピタルゲインと呼ばれる売買差益を得ることになりますが、いつどれくらい儲かるのかは、予想がつきません。
株式投資は博打要素が高いため、あらかじめ「これくらい収益を確保したい」と予定がある人には向いていない投資です。
ただし、株式投資は100万円程度からも始めることができるため、資金的なハードルは低いです。会社で学生のころから株式投資を行っている新入社員を見たことのある人もいるかと思います。
比較的ハードルが低く、大きく儲けることもできるため、株式投資は根強い人気があります。

不動産投資の特徴

それに対し、不動産投資は良い意味でも悪い意味でも安定です。毎月の家賃で稼ぐため、収益は安定していますが、急激に儲かるようなことはありません。
不動産投資は毎月収入があるため、収益予測を立てることが可能です。不動産投資では、インカムゲインと呼ばれる運用益を得ることになりますが、インカムゲインはいつどれくらい儲かるのかを予想することができます。
不動産投資は博打要素が低いため、あらかじめ「これくらい収益を確保したい」と予定がある人に向いています。
ただし、不動産投資は投資額に対するリターンが小さいため、よほどの資産を持たない限り、そこまで儲かりません。ある程度の資産を持つためには、多額の自己資金が必要となりますし、時間もかかります。
不動産投資は資金的なハードルがとても高く、簡単に手を出すことができません。学生のころから不動産投資を行っているような新入社員はほとんどいないはずです。

不動産投資の優位性

ところが、一定のハードルを越えた人にとっては、不動産投資は絶大なる人気があります。世界中の資産家の多くは不動産を保有しています。
イチロー選手も多くの不動産を所有しています。芸能人の壇蜜さんも駐車場経営をしていると話題になりました。
このように、本業以外で財を成した人にとっては、不動産投資は支持されている投資になっています。
不動産投資は、安定的に収益を上げてくれることに加え、手間もほとんどかかりません。資産が大きく目減りしてしまうリスクもないため、安心して運用することができます。
大きなリスクを取る必要のない資産家にとっては、不動産投資の安定性こそが優位に映るのです。
不動産投資は、一定のハードルを超えた資産がある人にとって、魅力的な投資であることには間違いありません。ある意味、不動産投資は株式投資よりもワンランク上の投資であると言えるでしょう。

まとめ

以上、株式投資と比べた場合の不動産投資の優位性について見てきました。大きなリスクを取ることなく、安定的に資産運用できる点では、不動産投資は株式投資よりも優位性があります。ワンランク上の投資として、不動産投資を検討してみてください。