不動産投資を始めるなら知っておきたい失敗しないための心構えとは

不動産投資は本来、安全な投資です。それにもかかわらず、残念ながら不動産投資で失敗する人や破綻する人が後を絶ちません。
不動産投資で破綻してしまう人の共通点としては、拙速に資産をふやそうする人が多いです。不動産投資は「細く長く」が基本です。
そこで今回の記事では、不動産投資を始めたい人、または始めたばかりの人向けに不動産投資の心得についてお伝えいたします。

不動産投資は銀行も認める安全な投資

一般的に、銀行は株式投資のために融資はしてくれません。株式投資では、投資した金額がゼロになってしまうおそれもあります。融資するにはリスクが高過ぎるため、株式投資用のローンというのはありません。
それに対し、銀行は不動産投資に対しては融資をしてくれます。不動産投資は基本的に元本がゼロになるようなことはなく、融資をしても回収することができます。
銀行も不動産投資は株式投資よりは安全な投資という理解をしており、各行で不動産投資ローンなどの商品を用意しています。

無理に儲けようとすると破綻に近づく

ところが、銀行も認めるほどの安全な投資であるにもかかわらず、不動産投資で破綻してしまう人もいます。不動産投資で破綻する人は、結局のところ、お金の借り過ぎが原因です。
不動産投資を始めると、そこまで儲からないということに気付きます。
不動産投資を始める人は、不労所得だけで生活したいと思う方が多いです。ただ、生活できるくらいの不労所得を得ようとすると、相当に資産を持たないと無理だという思いに至ります。
不動産投資で収入をふやすには、物件をたくさん購入して資産をふやしていく必要があります。また同じ金額の物件を購入するにしても、利回りの高いハイリスクな物件にも手を出す必要が出てきます。
不動産投資で破綻する人のありがちな行動パターンとして、高利回りの物件を買いまくるということをする人がいます。
銀行も最初のうちは融資をしてくれますが、このような物件の購入が続くと、次第に融資をしなくなります。
なんとか融資してくれる銀行を見つけても、高金利でかつ融資期間が短いローンばかりです。それでも融資を受けて物件を購入してしまう人がいます。

借入過多になると破綻する理由

ハイリスクな物件を複数保有し、不利な条件の融資が多くなってくると、破綻リスクが高まります。理由としては、どこか1つの物件に大きな空室が発生してしまうと、一気に返済が苦しくなるためです。
他の順調な物件の収益を空室物件の返済に回すことになりますが、それに持ちこたえられなくなると破綻します。
不動産投資では、収益を上げようとすると、借入過多となりがちです。借入過多の状態は、突発的な収益の低下に対応できないのです。

正しい資産のふやし方

不動産投資で資産をふやすには、不動産市況が好景気の時に売却し、キャピタルゲインを得て買い替えるのが最も良い方法です。
不動産市況は、15年に1度程度のペースで上昇局面が訪れます。拙速に資産を大きくしようとせず、自然の流れに任せても、資産は大きくすることができるのです。
じっくり物件を運用すれば、自己資金も貯まっていきます。買い替えの際、自己資金も新たに投入すれば、さらに大きなキャッシュフローが期待できます。
不動産投資は儲かるまで時間がかかりますが、逆に時間をかけると自己資金も着実に積み上がります。焦らずじっくり構えて投資をすることが重要な心構えです。

まとめ

以上、不動産投資の心構えを見てきました。不動産投資は「細く長く」が基本です。焦らず投資し、安全な不動産投資の特徴を十分に発揮させるようにしてください。