リスクやメリットも解説!徹底解説初心者におすすめ!不動産投資会社を選ぶコツ6選! 

「新たな資産運用を始めたい」「初めての不動産投資で不安」など、不動産投資会社選びでお悩みではありませんか?
初めての不動産投資なら、投資目的に適した不動産投資会社を選ぶことが大切です。
この記事では、おすすめの不動産投資会社6社を紹介し、不動産投資会社の選び方や物件の種類を解説します。

個別相談ができる!おすすめの不動産投資会社(一例)

グローバル・リンク・マネジメント
投資不動産分譲から管理・運営までをトータルでサポート!

株式会社GA technologies

アプリ「OWNR by RENOSY」でスマートに資産管理できる!

株式会社Robot Home

アパート投資の相談から賃貸経営アプリ、不動産管理まで幅広く手掛ける企業

株式会社リアネスト

東京都心で築15年以内、駅から10分圏内の築浅中古区分マンションを厳選

株式会社クレアスライフ

一棟不動産を通して10年〜30年後のライフプランを提案

株式会社新日本コンサルティング

お客様のライフプランに合わせてオーダーメイドでご提案

グローバル・リンク・マネジメント

グローバル・リンク・マネジメントの特徴

・開発・販売・管理すべてをワンストップで提供

・管理戸数1,791戸、入居者率99.17%

・ご成約の約8割がお客様からのリピート・紹介

・低金利でローンで組める金融機関の提携、取引が業界最多の20社

グローバル・リンク・マネジメントは、セミナー会場の本社でもある渋谷マークシティで、毎月20回前後開催しているそう。「投資について少し興味はあるが、不動産投資がどんなものなのか分からない」「不安があるから、直接質問をしたい」そんなふうに考えている方におすすめです。

特に、相談に来るメイン層は、年収400万円以上で、26〜45歳の会社員だそうです。

金融リテラシーが高くなくても、0から不動産投資を学びたい方にぴったり。

企業名:株式会社グローバル・リンク・マネジメント

無料セミナー:○

無料面談:−

入居率:99.1%

株式会社GA technologies

株式会社GA technologiesの特徴

・AIを活用し、投資価値の高い物件を厳選してご提案

・充実の賃貸管理サービスで、あなたは家賃を受け取るだけ

・アプリ「OWNR by RENOSY」でスマートに資産管理

・入居率99.3%の実績(2020年4月時点)

・設立5年で上場した不動産業界で大きな注目を集めるベンチャー企業。

株式会社GA technologiesは、設立5年で上場し、売上200億円を達成した不動産業界で大きな注目を集めるベンチャー企業・

投資未経験・初心者でも歓迎しており、投資の基本からしっかり教えてくれるそう。

今なら 面談完了でAmazonギフト券50,000円分プレゼント中だそう。

「不動産×テクノロジー」で堅実な資産形成をスタートするチャンス!

企業名:株式会社GA technologies

無料セミナー:−

無料面談:○

入居率:99.3%

株式会社Robot Home

Robot Homeの特徴

・東証プライムに上場している不動産会社
・管理戸数26,025戸、入居者率95.7%の実績(2022年6月末時点)
・スマホで家電を操作できるIoT機器や賃貸経営アプリなども手がける
・一般社団法人 DX不動産推進協会などにも参画し、あたらしい時代に即した業界成長に積極的

Robot Homeは、1棟アパートの販売のほか不動産管理業、賃貸経営アプリの開発、生活に便利なIoT機器の導入など不動産投資に役立つさまざまなサービスを総合的に手がけています。
初心者はもちろんのこと、大家さんとしてすでに不動産投資経験がある方も歓迎しており、その人自身の目標や財政プランに沿ったアドバイスを得意とするそう。
不動産投資セミナーのほか、外部の税理士を招いた税セミナーも実施している。

企業名:株式会社Robot Home
無料セミナー:○
無料面談:○
入居率:95.7%

株式会社リアネスト

株式会社リアネストの特徴

・東京都心で築15年以内、駅から10分圏内の築浅中古区分マンションを厳選

・格安リノベーション物件の購入もできる

・不動産投資の基礎や仕組み、メリット、デメリットがわかる

・確定申告書の作成などアフターケアも充実

・賃貸管理費が3%で依頼できる

「マイナス金利ってどうなんですか??」「どんな物件が良いのか分からない?」

「興味はあるけど・・・・分からない事がわからない?」「不動産屋に騙されるのではないか?」必要な知識を深めながらお客様の立場に立ってサポート!

中でも、25歳以上で年収500万以上の会社員、公務員、士業の方々等をターゲットとしているので、当てはまる方にはぴったり!

企業名:株式会社リアネスト

無料セミナー:−

無料面談:○

入居率:−%

株式会社クレアスライフ

株式会社クレアスライフの特徴

・東京のワンルームマンションに特化した提案

・1984年創業で390棟以上の投資マンション開発の実績あり

・圧倒的にハイグレードな建物・内装と徹底した管理体制が強み

・空室が少なく、入居率は99%!

・同社の投資の魅力が分かる「ガイドブック」プレゼント

特に不動産投資に対してネガティブな印象をお持ちの方、

不動産投資について経験は無いが興味がある方。

なぜ東京のワンルームマンションなの?と疑問に思われる方向け!

初心者にもわかりやすい、東京のワンルームマンション投資の魅力が分かる「ガイドブック」を無料進呈中!

企業名:株式会社クレアスライフ

無料セミナー:−

無料面談:○

入居率:99%

株式会社新日本コンサルティング

株式会社新日本コンサルティングの特徴

・一棟不動産を通して10年〜30年後のライフプランを提案

・3年連続で年収700万円を超えているハイクラス層の方向け

・将来の資産形成や税金の悩みにもフォーカス

・千葉県・埼玉県の方に特化した内容

・サブリース/リノベーション/賃貸管理もおまかせできる

新日本コンサルティングは、物件選定→ローンの審査→ご契約→賃貸管理(物件清掃、家賃保証、修繕手配、入退居の立会い、税金対策)→ ご売却まですべて対応できるからこそ、オーナー様のお手を煩わせることのないところが特徴!

一棟アパート・マンション専門の不動産会社!ハイクラス層の方のご状況やお悩みをしっかり把握した不動産会社です。

企業名:株式会社新日本コンサルティング

無料セミナー:○

無料面談:○

入居率:95%

不動産投資の基本知識

不動産投資とは、不動産(アパート・マンションなど)を購入し、それを他人に貸すことで家賃収入を得ることが主目的の投資となります。

その他の付随的な投資目的としては、税金対策、老後の年金対策、相続税対策などが挙げられます。
また、不動産の条件やタイミングによってはすでに所有している不動産を購入時よりも高い金額で売却できることもあります。 不動産投資には以下のような3つの特徴があり、一般的には、数ある投資の中でも初心者が取り組みやすいものに位置付けられています。

①収益性

・景気の影響が小さい投資である

・他の金融商品に比べ利回りが高いケースがある

・売却時にもさらに利益が見込めることもある

②安定性

・需要が長く見込める投資である

・収益のシミュレーションが立てやすい

・管理や入居者対応は管理会社など専門の方にお任せできる

③税効果

・他の投資商品と比べた際の相続税の評価額が低く抑えられる

・また、同様に所得税が低くなるケースもある

不動産の種類

不動産投資では、マンションかアパートか、一棟か区分か、新築か中古か、と選べる物件は多岐にわたります。

それぞれに特徴やメリット・デメリットがあるため、まずは自分にあった物件を知ることが大切です。

マンション・アパート一棟経営

マンションやアパートを一棟丸ごと購入し、一部屋ずつ入居者に貸し出す経営手法です。区分(一部屋ごとの購入)と異なり、初期費用が高額となります。ほとんどの方が銀行からの融資を受け、ローンを組んで購入することになります。

ワンルームなどの区分マンション経営

一棟まるごとではなく、マンションの一室だけを購入して貸し出す経営手法です。初期費用も一棟丸ごとの購入よりは低く、ローンを組まずに購入する方も多いです。

昨今では20代〜30代のサラリーマンが始めることも多く、一室のみなので売却しやすいという点があります。

新築物件

新築物件は中古と比べて価格が高くなりますが、入居者からは人気なため空室が埋まりやすいです。また、同様に新築物件ならではの保証なども充実しています。

中古物件

中古物件では、購入時の価格は新築物件より安いです。その代わり、賃料が低くなる、修繕費がかかる、物件によっては空室が埋まりにくいなどのデメリットがあります。

できるだけ高い入居率で安定的な賃料を見込みたい場合やフルローンで始めたい場合、ローン完済まで長期で物件を持ち続ける予定の方には比較的向いていることが多いです。

そして、空室リスクがあれども高い利回りを狙いたいという方や自己資金に多少の余裕がある方、良し悪しの見極めに自信がある方は中古を購入されることもあります。

新築区分マンションと、新築木造アパートの比較

具体的に新築区分マンションと木造アパートを比較してみましょう。

あくまで例になりますが、「木造アパート」の方は部屋数が多いため空室リスクが分散され、土地も所有できるなどの違いがあります。

これらのリスクや違いをしっかり学んでから購入物件の種類を検討することをおすすめします。

不動産投資会社を選ぶ9つの基準

世の中にはたくさんの不動産投資会社があります。

あまりにも多いため、どの会社にお願いするか迷う方がほとんどです。 自分との相性や不動産の目的などで絞っていった会社の話を聞くことが大事ですが、まずは初心者が必ずチェックすべき基準を9つ書き出してみました。

1、不動産会社の規模や年数
2、顧客目線で営業している
3、不動産会社が得意なエリア、取り扱っている不動産の種類
4、契約後のサポート内容
5、不動産投資のリスクやデメリットも明示してくれるか否か
6、ネット上での利用者からの口コミ
7、実績(販売戸数・管理戸数・入居率など)が公開されているか
8、営業担当のレスポンスの速さ・丁寧さ
9、取引金融機関 など

有名企業や年数の古い会社だから信頼できるというわけではありません。
これらの情報を総合的にみて判断し、「ここなら任せられる」と自分が感じた不動産投資会社を探してみてください。
まとめ

不動産投資会社は、投資物件の購入、管理、売却までトータルであなたをサポートしてくれる存在です。ただし、自分で知識を身につけ判断していく力も非常に大事です。

不動産投資会社を選んでいく際は、まず投資目的を明確にしてから、物件の特徴や対象エリア等に合わせて最も信頼できるパートナーを選ぶことが大切です。

【この記事を作成した会社の紹介】

株式会社Robot Home

〒104-0061 東京都中央区銀座7-4-15

定期的に不動産に関するセミナーや個別面談を開催しています。

より詳しく知りたい、相談したいという方はお問い合わせ下さい。